日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > スピードが速くて持久力もある筋肉は?
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

スピードが速くて持久力もある筋肉は?

第24回 筋肉のタイプを3つの方法で分類する

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回は、筋肉のタイプを分類していきます。筋肉の分類法には、(1)「代謝的な特性」により分ける、(2)「組織染色法」により分ける、(3)筋収縮をつかさどる「タンパク質」により分ける、という3つの方法があります。

代謝性の特性による分類

 筋線維には大きく分けて速筋線維(FT=fast twich)と遅筋線維(ST=slow twich)とがあります。筋肉に単発の電気刺激を与えたときに、素早く収縮するのがFT、じわっとゆっくり収縮するのがSTです。

 ただ、研究の分野では、昔からもう少し細かい分類がされてきました。

筋肉のタイプを分類する方法は3つある(©PaylessImages -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 最初に行われたのは、筋肉の代謝的な特性によって分ける方法です。筋線維の中にある解糖系のための酵素の量が多いか少ないか(解糖系の活性が高いか低いか)、さらに有酸素系の活性が高いか低いかを調べてみたところ、主に酸素を用いないエネルギー代謝(解糖系)を行うタイプと、酸素を用いるエネルギー代謝(酸化系)を行うタイプとに、きれいに分かれることが判明しました。前者はFG(fast glycolytic)、後者はSO(slow oxidative)と名付けられました。代謝的な特性は力学的な特性にほぼ対応しているので、FT≒FG、ST≒SOということになります。

 ところが、どちらにも属さない中間的なタイプも現れました。これはFGとSOの間ということでFOG(fast oxidative-glycolytic)と呼ばれます。このように、代謝系の活性という視点では、筋線維は3種類に分けられることになったわけです。

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.