日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

原 如宏の「話題の健康ツール試し斬り」

本当に目覚めスッキリになるの? 快眠アプリ「Sleep Cycle」を試す

快眠度を測って睡眠の質向上を実感

 原如宏=ITライター

人生初のダイエットを機に、食生活や運動の改善に取り組んでいる筆者。今回は長年の悩みでもある〝睡眠〟をテーマに掲げた。iPhone向けの睡眠改善アプリ「Sleep Cycle alarm clock」を利用し、睡眠の質の向上を目指す。

 午前3時就寝、午前7時起床。平均4時間睡眠という生活を何年も続けてきた。常に寝不足気味で、電車やバスの車内ではウトウトしてしまう。もっと眠った方が良いのだが、仕事をこなすため睡眠時間を削るしかなかった。

 しかし、無理できたのも若さゆえ。最近は徹夜なんてもってのほかだ。睡眠不足が続くと疲労が蓄積して、次の仕事がまったくはかどらなくなってしまう…。もう若くないと実感し、慢性的な睡眠不足を解消するため、睡眠の改善に取り組むことにした。

眠りが最も浅いタイミングで起こしてくれる

 最終的な目標は、夜型から朝型への転換だ。とはいえ、習慣化した生活を変えるのは一筋縄ではいかない。習慣とは怖いもので、夜が深くなるほど、頭が冴えてきて眠くならない。そこでまずは睡眠の質を向上させることにした。疲れを翌日に残さず、スッキリとした身体と気持ちで1日を始められる―。そんな睡眠が理想である。

 「それって単に早く寝ればいいだけでは?」と思われる人もいるかもしれないが、あまりに長い時間眠ると身体がだるくなることもある。色々と調べてみると、スッキリ起きるには、7時間前後の睡眠時間を取ることや、眠りの浅い「レム睡眠」の時に朝日を浴びて起きることなどが重要になるという。睡眠障害の治療には専門的な機器を必要とするが、今回は手軽に睡眠時の状況を分析できるiPhone用アプリとして良く使われている、「Sleep Cycle alarm clock」(価格:100円)を利用してみた。

睡眠改善アプリ「Sleep Cycle」を試す
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
眠りの浅いタイミングで目覚ましが鳴るので、朝はスッキリと起きられる。

Sleep Cycle alarm clock

開発元:Northcube AB(スウェーデン)

価格:100円

ダウンロード: iOS版

 このアプリは、iPhoneに搭載されている加速度センサーを利用して、敷布団の振動を基に睡眠時の体の動きを測定する。動きが激しければ眠りは浅く、逆にほとんどなければ眠りは深い。こうしたルールにのっとり、測定データの推移から睡眠の状況を推測し、波線グラフで表示してくれる。

 この分析結果を基に、設定した起床時刻と、その30分前(標準設定)の間で、眠りが最も浅くなっている(レム睡眠)タイミングを狙い、アラームを鳴らして起こしてくれる。深い眠り(ノンレム睡眠)の最中に起きるよりも、スッキリと起床できるという。ただし、その30分間の睡眠が深いままの場合は、設定した起床時刻にアラームが鳴る。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について