日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

原 如宏の「話題の健康ツール試し斬り」

腹筋を割る! 理想の身体を求めて「Six Pack」に取り組む

トレーニングのレベルアップによる筋肉痛に悶絶

 原如宏=ITライター

進化がめざましいデジタルデバイスやスマートフォンなどで使える新サービス。最近は、健康をテーマにしたものが増えてきた。話題の健康ツールは、本当にストレスフリーで毎日使えるものなのか。健康改善に向け、自分の生活をどれほど変えてくれるものなのか。気鋭の人気ITライターが利用者目線で1カ月かけて評価し、その実力を明らかにする。今回は、誰もが憧れる男らしいボディ。腹筋が割れた細マッチョな身体を目指して、米Runtasticが開発している腹筋トレーニングアプリ「Six Pack」を試した。

 誰でも年を取れば、相応に脂肪が増えてくる。特に顕著なのはお腹周りだろう。チャンピオンベルトを巻いたかのように、腹部に脂肪がつく。筆者自身も、30代後半になってからお腹周りの脂肪が気になり始めた。

 ここ1年間取り組んだトレーニングによって、体重は7kg減、体脂肪率も8~12%くらいを行き来するようになったものの、お腹周りの脂肪は残ったままだ。風呂上がりに自分の身体を見るたびに、もう少し引き締まった体つきにできないものか、腹筋がうっすら割れて見えるくらいになればカッコイイのに…と思ってしまう。

 自分で試してみたところでは、ウォーキングや自転車のような有酸素運動だと筋肉量があまり増えない。やはり、多少の筋肉トレーニングが必要なのだろう。そこで今回、重い腰を上げて腹筋のトレーニングを始めることにした。利用したのは、「Runtastic Six Pack」(以下、Six Pack)というスマホアプリ。以前に紹介したジョギングやウォーキング向けのアプリ「Runtastic」と同じ開発元の製品だ。全機能を利用するには有料版(600円)が必要になるものの、無料版でも初期レベルの腹筋トレーニングができる。飽きっぽい性格なので、まずは無料のお試し版でトレーニングを開始した。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
腹筋トレーニングに特化したスマホアプリ「Runtastic Six Pack」。腹筋を鍛えるエクササイズが充実している。
専属トレーナーは男性、女性から選ぶ。選んだトレーナーによって、エクササイズ中の声や動画に登場する人物が変わる。
[画像のクリックで拡大表示]
iOS系のデバイスでは、iPhoneとiPadに加え、Apple TVやApple Watchからも利用可能だ。
[画像のクリックで拡大表示]

Six Pack

提供:Runtastic(オーストリア)

価格:無料(全機能が使えるようにするアップグレードは600円必要)

公式ページ: iOS Android

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について