日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

原 如宏の「話題の健康ツール試し斬り」

iPhoneで本格的な体力測定に挑戦!

他の参加者と比べるランキング機能で運動意欲を向上

 原如宏=ITライター

進化がめざましいデジタルデバイスやスマートフォンなどで使える新サービス。最近は、健康をテーマにしたものが増えてきた。話題の健康ツールは、本当にストレスフリーで毎日使えるものなのか。健康改善に向け、自分の生活をどれほど変えてくれるものなのか。気鋭の人気ITライターが利用者目線で1カ月かけて評価し、その実力を明らかにする。今回は、これまで取り組んできたエクササイズや健康管理の成果を確かめようと、総合的な体力測定に挑んだ。

 最近は運動しているし、食事にも気をつけている。けれど、若いころと比べると疲労がたまりやすく、回復するのにも時間がかかる。当然のことなのだろうが、受け入れづらい現実だ。どうにかして若いころのような力みなぎる身体を取り戻したい…。

 筆者もそんなことを願う1人だが、かなり難しい課題だ。そこで効率的に鍛えるためにトレーニング理論を研究したり、これまで紹介してきたスマホアプリやデジタルデバイスを使ったりして、努力の成果を出そうとあがいているわけだ。

 筆者自身、この1年間頑張ってみたが、成果は体重や体脂肪率が落ちたことだけ。結局、メタボ対策にはなっているが、体力アップには運動強度が足りないということなのだろう。そこで今回、現時点での運動能力を調べることにした。現状を把握し、足りない部分、強化したいポイントを見つけるためだ。

 利用したのは、iPhone向けに配信されている体力測定アプリ「Quality」(クオリティー)。このQualityは、iPhone内蔵の加速度センサーなどを利用して運動能力を計測する。計測時は、専用ベルトなどを使って下腹部にiPhoneを固定。この状態で決められた運動を実行すると、記録が測定される。一般的な体力測定と違い、測定係を必要としないので、1人でも手軽にできるのが魅力という。本当に1人でも体力計測ができるのか。筆者が実際に試してみた。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneアプリの「Quality」。一般ユーザーは、会員登録をすれば無料で体力測定ができる。
種目ごとに説明動画も用意。初めて取り組むときは、この動画で動きを確認しよう。
[画像のクリックで拡大表示]
計測時は、ランニング用のウエストバックにiPhoneを格納し、下腹部に固定する。
[画像のクリックで拡大表示]

Quality

提供:デジタル・スタンダード

価格:無料

公式ページ: http://www.digital-standard.com/

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について