日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

原 如宏の「話題の健康ツール試し斬り」

スマホでダイエット! 「あすけん」を試す

1カ月利用してダイエットに励んだ成果は?

 原如宏=ITライター

進化がめざましいデジタルデバイスやスマートフォンなどで使える新サービス。最近は、健康をテーマにしたものが増えてきた。話題の健康ツールは、本当にストレスフリーで毎日使えるものなのか。健康改善に向け、自分の生活をどれほど変えてくれるものなのか。気鋭の人気ITライターが利用者目線で1カ月かけて評価し、その実力を明らかにする。

 何を食べても太らなかったのは20歳代まで。30歳代に入ると特にお腹周りに無駄なお肉が付くようになった。ダイエットしなければ…。そう思っている人は、筆者だけではないはずだ。だが急激なダイエットは考え物。できれば健康的に、太らない体質を手に入れたいというのが大方の人の願いだろう。

栄養バランスの診断機能あり

話題の食事改善アプリ「あすけん」を試す
ランチに高カロリーのとんかつを食べると、夜は和食などカロリー控えめの食事を取るようアドバイスされる。

 そこで試したのが、毎日の食生活についてアドバイスしてくるオンラインサービス「あすけん」だ。パソコンはWeb上(ブラウザー)から、スマートフォンやタブレットは専用アプリから利用できる。サービス内容は、以前に流行った「レコーディング・ダイエット」に似ている。朝・昼・晩、さらに間食に食べたものを1つひとつ記録していく。

 ただ単に書きとめるレコーディング・ダイエットとあすけんが異なるのは、カロリー計算だけでなく、食事内容から栄養バランスを診断してくれることだ。無料版のアプリでも1日おきにアドバイスをしてくれる。診断結果やアドバイスに従って食事を見直せば、健康にやせられるというわけだ。このほか、あすけんでは日々の運動量を記録して、1日の摂取カロリーと消費カロリーを比べることができる。

食事内容の入力画面
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
食事内容は検索機能などを使い、独自のデータベース上から選択する仕組み。料理の写真やトッピング(マヨネーズやソースなど)、食べた分量なども登録できる。
日々の運動や消費カロリーの入力画面
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
朝昼晩の食事だけでなく、体重や体脂肪、運動内容なども登録できる。運動は、「日常生活」「歩行・走行」などのジャンルから内容を選び、その運動をした時間を記録すると、消費カロリーが示される。

 さらにプレミアム会員(1カ月300円~。新規会員は7日間まで無料体験可能)になると、毎食ごとの栄養バランスを見られたり、次の食事(ランチや夕食)はどのくらい食べてもよいか教えてくれる。ランチに揚げ物を食べたら、「夕食は野菜中心にしましょう」などとアドバイスが表示されるのだ。外食やお弁当中心で、栄養が偏りがちな筆者にとっては興味深いものだった。おかげで、野菜が不足していると思ったらサラダを追加するなど、無理のない範囲でバランスのよい食事を心がけるようになった。漫然と食事を記録するよりも、食事を改善できるという点が魅力といえる。

プレミアム会員で利用できるサービス
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
プレミアム会員になると、さまざまなアドバイスを受けられる。その内容から、次の食事(昼と夜)を考える。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について