日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

原 如宏の「話題の健康ツール試し斬り」

話題の新ツール「Apple Watch」は健康生活に役立つか?【後編】

運動中にタイムトライアル区間や雨降りの通知が届いて重宝

 原如宏=ITライター

 ウェアラブル端末「Apple Watch」。この新しい端末は、日々の生活をどれだけ豊かに、健康的なものにしてくれるのか? 前回は、「アクティビティ」や「ワークアウト」といったApple Watchの標準アプリを中心に解説した。しかしApple Watchの魅力は、標準アプリだけでは語り尽くせない。なぜならiPhoneと同じように、多数のアプリがApple Watch向けに配信されているからだ。今回は、これらサードパーティ製のアプリに注目してみたい。

 アップルが開発した標準アプリ以外、どういったアプリが配信されているのか。実をいうと、本コラムでこれまでに紹介したアプリのいくつかはApple Watchに対応している。具体的には、ランニングやウォーキングの記録を残せる「Runtastic Pro」。30秒単位で12種類の運動をこなす「7分間エクササイズ」、ユーザー同士で区間タイムを競うのが楽しいサイクリングとランニング用の計測アプリ「Strava」の3つだ。

定番のフィットネスアプリが対応

 このほかにもフィットネス系のApple Watchアプリは多数ある。対応アプリが自分のiPhoneにインストールされていると、Apple Watchとペアリング(端末同士を無線接続すること)するだけで、そのアプリがApple Watchにインストールされる仕組みだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
Apple Watchから「Runtastic Pro」を起動したところ。トップメニューで「アクティビティ」を選び(左)、スタートボタンを押すと計測が始まる(右)。

 アプリの利用方法は、iPhoneとほぼ同じ。Apple Watchのホーム画面に追加されたアプリのアイコンをタップすればよい。Apple WatchとiPhoneが接続状態なら、iPhone本体をカバンやポケットにしまったままでも、各エクササイズを始められたり、過去のエクササイズ履歴を閲覧できたりする。一方、ペアリングが切れていたり、iPhoneの電源が切れていたりすると、Apple Watchのアプリは動作しない。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneとApple Watchとのペアリング時に、利用可能な(すでにiPhoneで利用している)アプリをまとめてインストール(左、iPhoneの画面)。同期が完了すると、アプリのアイコンがホーム画面に追加される(右)。
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneとの接続が切れると、アプリが起動できなくなる。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について