日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

原 如宏の「話題の健康ツール試し斬り」

食事の写真からカロリー量を推定! 食事管理アプリ「FoodLog」を試す

使い始めは大変だが、偏食の傾向が写真で一目瞭然

 原如宏=ITライター

食べたものを記録する最も簡単な方法は、写真で撮影すること。FoodLogなら、食べたものを写真で残すだけでなく、どんな料理でカロリー量はどのくらいなのかをアプリが自己判断するという。果たしてその実力は?

 メタボを解消したい…。健康的な生活に切り替えたい…。こうした目的で始める取り組みの一つが「食事の管理」。毎日、どういった食事をしているのか、自分自身で再認識することにより、食生活を改善するのが目的だ。有名な方法としては、手帳に食べたものを書き出す「レコーディングダイエット」がある。

 本連載の1回目 でも、「あすけん」という食事管理アプリを紹介した。常に持ち歩くスマホなら、食事の記録を継続しやすいだろう…という考えから、スマートフォンでの食事管理を提案したわけだ。実際、本コラムを読んで実践してみた人もいるだろう。

 しかし、食事の管理を続けるのは、相応の努力が必要になる。食事を入力するだけとはいえ、1日3回も作業するのは面倒に感じる。筆者自身もくじけそうになったが、「そこは仕事だから頑張れた…」という側面も少しある。実際、ダイエットをしたいという筆者の友人に勧めてみたものの、1カ月持たずに挫折してしまった。そこで今回、食事管理に挫折してしまった人に再チャレンジしてもらうべく、フードットログが開発する「FoodLog」(フードログ)を紹介することにした。

 FoodLogの特徴は、独自の画像解析技術により、スマホで撮影した食事を解析して写真から料理名とカロリー量を予測すること。つまり、最も挫折しやすい食事内容の入力作業を省けるのだ。スマホだと、スムーズには文字を入力できない人も多いはず。そんな欠点を解消する画期的な機能だ。

 最近は、飲食店で食事をスマホで撮影している人をよく見かける。フェイスブックやツイッターなど、SNSで公開することを目的に撮影しているようだが、こうしたスマホユーザーの習慣を健康管理に生かせるわけだ。これは素晴らしい。FoodLogは本当に従来の食事管理アプリの欠点を解消できるのか? 1カ月間じっくりと使ってみた。

[画像のクリックで拡大表示]
東京大学教授の相澤清晴氏と共同開発したという画像解析技術によって、写真内の料理やカロリー量を推測。記録したデータをカレンダー形式で閲覧できる。
スマホで登録した食事の記録は、パソコンからも閲覧できる。上はカレンダー形式で食事を一覧したところ。
[画像のクリックで拡大表示]
パソコン用のサイトでは、農林水産省の「食事バランスガイド」に沿った主菜、副菜などの割合も手動で登録できる。
[画像のクリックで拡大表示]

FoodLog

提供:フードットログ(日本)

価格:無料

ダウンロード: iOS版 Android版

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について