日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

市販薬トレンドウォッチ

かゆみ止め成分を増量「ウナコーワクールパンチ」

清涼成分l-メントールは最大量配合

 三上 彰貴子=株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師

本コラムは薬剤師向け専門誌「日経ドラッグインフォメーション」2015年7月号「OTCトレンドウォッチ(NewProducts)」からの転載です。薬剤師向けの内容を、一部改編しています。市販薬は、薬剤師や登録販売者に相談のうえで購入してください。

写真1◎ ウナコーワクールパンチ
ウナコーワクールパンチ
同ブランドの製品比で、かゆみ止め成分を倍量配合。先端には「もろこしヘッド」を採用しています。
[画像のクリックで拡大表示]

 ウナコーワクールパンチ(興和)は、同ブランドの既存品に比べ、局所麻酔成分のリドカインの配合量を2倍(10mg/mL)に増量、清涼成分のl-メントールを最大量(4%)配合したかゆみ止め用薬です。ステロイドは配合していません。

 効能・効果は、かゆみ、虫さされ。清涼感で患部のほてりを鎮め、リドカインとジフェンヒドラミン塩酸塩でかゆみを和らげます。また、塗布部分にはウナコーワブランドに特有の「もろこしヘッド」を採用しています。先が細くなっているので患部にピンポイントで塗布でき、柔らかくしなるため、塗布する際に適度に掻いたような刺激が得られるのが特徴です。1日数回、患部に塗布します。

使用上の注意

 メントールは粘膜や傷口に刺激を与えるので、目に入った場合はすぐに洗い流すようにしてください。また、入浴や運動の前後の使用は、刺激を強く感じることがあるので、皮膚が弱い人は注意して使うようにしましょう。なお、薬剤塗布後の患部をラップフィルムなどの通気性の悪い物で覆わないようにし、膝の裏や肘の内側などに使用する場合は、皮膚を密着(正座など)させないほうがよいでしょう。

三上 彰貴子(みかみ あきこ)
株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師
三上 彰貴子(みかみ あきこ) 製薬会社勤務後、コンサルティング会社勤務を経て2005年から現職。医療分野のコンサルティングを行う傍ら、市販薬に関する寄稿や講師の活動も行う。

(出典:日経ドラッグインフォメーション2015年7月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

続きは日経Gooday会員に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について