日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 市販薬トレンドウォッチ  > グリチルリチン酸を新配合「エージーノーズアレルカット」
印刷

市販薬トレンドウォッチ

グリチルリチン酸を新配合「エージーノーズアレルカット」

使用感の異なる3つのタイプで登場

 三上 彰貴子=株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師

本コラムは薬剤師向け専門誌「日経ドラッグインフォメーション」2015年1月号「OTCトレンドウォッチ(NewProducts)」からの転載です。薬剤師向けの内容を、一部改編しています。市販薬は、薬剤師や登録販売者に相談のうえで購入してください。

写真1◎ エージーノーズ アレルカット
左から「患部に留まるモイストタイプ」「さっぱりソフトタイプ」「すっきりクールタイプ」。好みの使用感で商品を選ぶことができます。
[画像のクリックで拡大表示]

 もうすぐ花粉症の季節がやってきます。エージーノーズアレルカット(第一三共ヘルスケア)は、従来のエージーノーズの処方に、抗炎症成分グリチルリチン酸二カリウムを新たに配合した製品で、点鼻薬(写真1)と点眼薬があります。

 エージーノーズは、1997年にスイッチ化された抗アレルギー成分のクロモグリク酸ナトリウムを配合する市販薬として、日本で初めて開発された抗アレルギー薬です。

 ケミカルメディエータ遊離抑制作用がある(アレルギー誘発物質の放出を抑え、アレルギー症状を緩和する)クロモグリク酸のほか、第1世代抗ヒスタミン成分(アレルギー症状を起こすヒスタミンの受容体結合をブロックし、くしゃみや鼻水を抑える)のクロルフェニラミンマレイン酸塩、交感神経のα1刺激作用により強い末梢血管収縮作用(鼻粘膜の腫れや充血を抑え、鼻づまりを改善)が持続するナファゾリン塩酸塩が配合されています。

 今回、新たに配合されたグリチルリチン酸二カリウムは、抗炎症作用を持つ成分で、アレルギー反応による鼻の炎症を鎮めます。

 点鼻薬では、清涼感のあるl-メントールや香料を配合した「すっきりクールタイプ(C)」、添加物にエタノールを含まずに染みにくい「さっぱりソフトタイプ(S)」、カルボキシビニルポリマーを添加してとろみを付けた「患部に留まるモイストタイプ(M)」の3種類が登場しました。いずれも配合成分は同じです。使い心地の好みによって選ぶとよいでしょう。

 効能・効果は、花粉やハウスダスト(室内塵)などによる、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、頭重(頭が重い)といった鼻アレルギー症状の緩和。7歳以上から使用でき、1回当たり両方の鼻に1噴霧ずつ、1日3〜5回使用します。連続して使用する場合には、前回の噴霧から3時間以上空けてください。

 使用後は眠気を催すことがあるので、乗り物や機械類の運転操作を避けてください。抗アレルギー薬を含む点鼻薬は使用効果を実感しやすい反面、使い過ぎるとかえってひどい鼻づまりを誘発する恐れがあります。用法・用量を守って使用しましょう。

 なお、点眼薬や内服の抗アレルギー薬を併用しても問題はありませんが、抗ヒスタミン成分が重複するため、特に乗り物や機械類の運転操作は避けてください。

三上 彰貴子(みかみ あきこ)
株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師
三上 彰貴子(みかみ あきこ) 製薬会社勤務後、コンサルティング会社勤務を経て2005年から現職。医療分野のコンサルティングを行う傍ら、市販薬に関する寄稿や講師の活動も行う。

(出典:日経ドラッグインフォメーション2015年1月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.