日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 医療問題なぜなにゼミナール  > 第14回 玉石混交のネット医療情報…悩んだらマインズ(Minds)で調べてみよう
印刷

医療問題なぜなにゼミナール

第14回 玉石混交のネット医療情報…悩んだらマインズ(Minds)で調べてみよう

一般向けのやさしい診療ガイドランや用語解説も掲載

 山口育子=NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長

誰もがいつかはお世話になる「医療」。ですが、自分や家族が病気になるまで、医療については特に関心がないという人も多いのではないでしょうか。医師との付き合い方や医療制度の動向まで、いざという時にあわてず、安心して治療を受けるために必要な知識をNPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長の山口育子さんが伝授します。

 皆さんは、診療ガイドラインをご存じですか? 診療ガイドラインとは、治療方法を選択するときに適切な判断ができるよう、患者と医療者を支援する目的で作成された文書のことです。科学的な根拠(エビデンス)を精査した上で、色々な立場の人の合意に基づいて、推奨(おすすめ)が示されています。診療ガイドラインの情報を医療者と共有することで、患者自身が主体的に最善の治療法を選ぶ手掛かりになります。

様々な診療ガイドラインを調べられる「Minds(マインズ)」

 診療ガイドラインは、病気の治療マニュアルではありませんし、絶対に守らなければならないルールでもありません。診療ガイドラインで推奨されている治療法でも、患者全員にあてはまるとは言えませんし、逆に、診療ガイドラインに載っていない治療法は間違いだとも言えません。最終的にどの治療を選択するかは、あくまで個別に考えていく必要があります。

 日本では1990年から、診療ガイドラインを整備する研究事業が国を挙げて本格化しました。中立的な立場でガイドラインの整備や情報提供が行えるように、日本医療機能評価機構にEBM医療情報サービスセンター(現:EBM医療情報部)が設置され、厚生労働省の科学研究費による研究事業として運営が始まりました。

 EBMとはevidence-based medicineの頭文字で、根拠に基づく医療と訳されています。まさしく科学的根拠に基づき専門家が作成したガイドラインや文献を情報提供するための事業と言えます。2004年には医療情報サービス「Minds(マインズ:Medical Information Network Distribution Service)」の一般公開が始まり、2011年度からは研究事業から厚生労働省の委託事業へと変更して継続されています。

エビデンスのしっかりした医療情報をわかりやすく解説

 Minds(http://minds.jcqhc.or.jp/n/)にどのような情報があるのか、具体的にご紹介します。

一般向けガイドライン解説

 学会や研究会などが公表している、患者など一般の人向けのガイドラインが掲載されています。「がん」「脳・神経」「心臓と血管」「呼吸器」「消化器」といった18のカテゴリー別に整理されているほか、50音順で検索することも可能です。

図1◎ Mindsの一般向け「ガイドライン解説」において、「心臓と血管」で検索した結果
[画像のクリックで拡大表示]

 ガイドライン解説は、分かりやすい言葉で、理解の助けになるような図や絵もふんだんに使われています。病気が判明して、治療方法について説明を受ける前に読んでおくと、ドクターの説明が理解しやすいのではないかと思います。説明を受けた後に読めば、理解をより深められるでしょう。

 なお、ガイドライン解説には、下記の3種類があります(図1の表では左から3列目に種別が表示されています)。目的に応じて、使い分けるといいでしょう。

次ページ
(1)学会版ガイドライン解説病気や治療法について知りたい時の手助けになるように、医学的な情報や専門医の助言をまとめています。学会などが作成した一般向け診療ガイドラインの中から、診療ガイドライン選定部会が評価選定したものを掲載しています。(2)Minds版ガイドライン解説診療ガイドラインは患者さんにとって大事な診療情報が多く含まれていますが、医療提供者向けにつくられた診療ガイドラインには、専門的で難しい内容も含まれています。Minds版ガイドライン解説では、診療ガイドラインの中でも特にポイントとなる部分の医学用語を中心に、一般の方向けにわかりやすく解説しています。また、一般向けのガイドラインが作成されていない病気でも、医療者向けガイドラインを読み解けるように解説されているものもあります。診療ガイドラインの作成に参加した専門医からの「患者に知っておいてほしいコメント」も掲載されており、内容を理解する上での手助けになります。(3)Minds版やさしい解説病気についての一般的な情報(臓器のしくみや働き、検査の方法、治療方法、日常生活の注意点など)が解説されています。一般向けガイドラインが作成されていなくても紹介されている病気がありますので、調べたい病気の情報があるかどうか確かめてみましょう。

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.