日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

医療問題なぜなにゼミナール

第14回 玉石混交のネット医療情報…悩んだらマインズ(Minds)で調べてみよう

一般向けのやさしい診療ガイドランや用語解説も掲載

 山口育子=NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長

誰もがいつかはお世話になる「医療」。ですが、自分や家族が病気になるまで、医療については特に関心がないという人も多いのではないでしょうか。医師との付き合い方や医療制度の動向まで、いざという時にあわてず、安心して治療を受けるために必要な知識をNPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長の山口育子さんが伝授します。

 皆さんは、診療ガイドラインをご存じですか? 診療ガイドラインとは、治療方法を選択するときに適切な判断ができるよう、患者と医療者を支援する目的で作成された文書のことです。科学的な根拠(エビデンス)を精査した上で、色々な立場の人の合意に基づいて、推奨(おすすめ)が示されています。診療ガイドラインの情報を医療者と共有することで、患者自身が主体的に最善の治療法を選ぶ手掛かりになります。

様々な診療ガイドラインを調べられる「Minds(マインズ)」

 診療ガイドラインは、病気の治療マニュアルではありませんし、絶対に守らなければならないルールでもありません。診療ガイドラインで推奨されている治療法でも、患者全員にあてはまるとは言えませんし、逆に、診療ガイドラインに載っていない治療法は間違いだとも言えません。最終的にどの治療を選択するかは、あくまで個別に考えていく必要があります。

 日本では1990年から、診療ガイドラインを整備する研究事業が国を挙げて本格化しました。中立的な立場でガイドラインの整備や情報提供が行えるように、日本医療機能評価機構にEBM医療情報サービスセンター(現:EBM医療情報部)が設置され、厚生労働省の科学研究費による研究事業として運営が始まりました。

 EBMとはevidence-based medicineの頭文字で、根拠に基づく医療と訳されています。まさしく科学的根拠に基づき専門家が作成したガイドラインや文献を情報提供するための事業と言えます。2004年には医療情報サービス「Minds(マインズ:Medical Information Network Distribution Service)」の一般公開が始まり、2011年度からは研究事業から厚生労働省の委託事業へと変更して継続されています。

エビデンスのしっかりした医療情報をわかりやすく解説

 Minds(http://minds.jcqhc.or.jp/n/)にどのような情報があるのか、具体的にご紹介します。

一般向けガイドライン解説

 学会や研究会などが公表している、患者など一般の人向けのガイドラインが掲載されています。「がん」「脳・神経」「心臓と血管」「呼吸器」「消化器」といった18のカテゴリー別に整理されているほか、50音順で検索することも可能です。

図1◎ Mindsの一般向け「ガイドライン解説」において、「心臓と血管」で検索した結果
[画像のクリックで拡大表示]

 ガイドライン解説は、分かりやすい言葉で、理解の助けになるような図や絵もふんだんに使われています。病気が判明して、治療方法について説明を受ける前に読んでおくと、ドクターの説明が理解しやすいのではないかと思います。説明を受けた後に読めば、理解をより深められるでしょう。

 なお、ガイドライン解説には、下記の3種類があります(図1の表では左から3列目に種別が表示されています)。目的に応じて、使い分けるといいでしょう。

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について