日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

医療問題なぜなにゼミナール

第13回 患者が知っておきたい「医療事故調査制度」

報告対象は「予期せぬ死亡」、報告するか否かは医療機関の判断

 山口育子=NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長

誰もがいつかはお世話になる「医療」。ですが、自分や家族が病気になるまで、医療については特に関心がないという人も多いのではないでしょうか。医師との付き合い方や医療制度の動向まで、いざという時にあわてず、安心して治療を受けるために必要な知識をNPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長の山口育子さんが伝授します。

 医療事故調査制度が10月に始まりました。準備段階でさまざまな動きがあったことは、以前にもこのコラム(参照記事:「第6回 10月スタート「医療事故調査制度」への不安」)でお伝えしました。今回は、実際に制度がスタートした今、患者・市民として、知っておきたいことをまとめてみました。

報告の対象となるのは予期せぬ死亡・死産

 この制度では、医療機関(病院や診療所)で、医療に起因した(あるいはその疑いがある)死亡・死産が起こり、それを管理者が予期できなかった場合に、第三者機関に報告することが義務づけられました。第三者機関とは、医学会などが参加して新たに作られた一般社団法人医療安全調査機構の中に設けられた「医療事故調査・支援センター」です。

 報告の対象となるかどうかを判断し、報告をするのは医療機関の管理者です。遺族の側から、「家族が病院で亡くなったので第三者機関に報告したい」と申し出ることはできず、あくまで医療機関の自主性に委ねられています。もちろん、報告にあたっては、医療機関から遺族に対して説明がありますし、医療機関側が判断に迷うケースも少なくないでしょうから、実際には医療事故調査・支援センターや支援団体と相談しながら判断していくことになると思われます。

 逆に、報告の対象とならないのは、

  • 医療行為を行う前に、患者側に死亡する可能性があることを説明していた
  • 医療行為を行う前に、患者が死亡する可能性があることをカルテなどに記載していた
  • (救急で運ばれてきて、家族の到着を待たずに治療が行われて死亡したときなど)治療を行った医療者に状況を聴き取ったり、医療機関の安全調査委員会で諮ったりした結果、治療する前に患者が死亡することを予期していた
  • 過去に何度も行われてきた検査や治療であり、死亡が予期されることを患者側に何度も繰り返して説明することが現実的ではない

―といった場合です(医療法施行規則第1条の10の2)。ただし、「どんな治療でも必ず危険は伴う」「年齢的に何が起こるかわからない」という漠然な説明は、報告対象外には該当しないとされています。そのため、制度開始当初は、報告の対象になるかどうか、医療機関によって判断が異なることが予想されます

医療事故調査制度の流れ(出典:厚生労働省ホームページ)
[画像のクリックで拡大表示]
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について