日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

医療問題なぜなにゼミナール

第2回 医師と良好な関係を築くための実践的ヒント10

 山口育子=NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長

誰もがいつかはお世話になる「医療」。ですが、自分や家族が病気になるまで、医療については特に関心がないという人も多いのではないでしょうか。医師との付き合い方や医療制度の動向まで、いざという時にあわてず、安心して治療を受けるために必要な知識をNPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長の山口育子さんが伝授します。

『新・医者にかかる10箇条』とは?

 前回は、COMLの合言葉である「賢い患者になりましょう」をご紹介しました。今回は、そうなるための具体的な心構えをまとめた、『新 医者にかかる10箇条』(下表)をご紹介したいと思います。1998年、厚生省(当時)の研究班の一員として素案作りからかかわり、国の予算で作成した初版(無料配布分)4万冊は、3カ月で底をつきました。以後はCOMLで発行を続けており、既に21万冊を突破しました。

『新・医者にかかる10箇条』
(1)伝えたいことはメモして準備
(2)対話の始まりはあいさつから
(3)よりよい関係づくりはあなたにも責任が
(4)自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報
(5)これからの見通しを聞きましょう
(6)その後の変化も伝える努力を
(7)大事なことはメモをとって確認
(8)納得できないことは何度でも質問を
(9)医療にも不確実なことや限界がある
(10)治療方法を決めるのはあなたです

(1)伝えたいことはメモして準備

 診察室で緊張して伝えたいことが言い出せなかった、質問するつもりだったのに忘れて帰宅してしまった、という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。ましてや短い診察時間で要領よく伝え、質問するのは容易ではありません。そこで、受診前に「伝えたいこと」「聞きたいこと」をすべて書き出しておきます。その中から3~4つに絞って、箇条書きにしたメモを作ります。その際、メモ用紙にびっしり書くのではなく、余白をたっぷり作っておくことをお勧めします。

(2)対話の始まりはあいさつから

 診察室に入ったとき、ドクターはパソコンに向かっていて横顔しか見せていないことがよくあります。しかし、一般社会では、あいさつもせずに始める人間関係なんてあり得ません。患者のほうから、「こんにちは」などと積極的にあいさつして、ドクターとの人間関係を築きましょう。

(3)よりよい関係づくりはあなたにも責任が

 コミュニケーションは双方向です。どちらか一方だけが努力しても成立しません。それだけに、よりよい関係づくりには、患者の努力も欠かせないのです。患者の質問の仕方や態度によって、ドクターのいい感情を引き出すこともあれば、悪い感情を引き出してしまうこともあります。ドクターの説明で分からないことがあったら「〇〇はどういう意味でしょうか」とタイミングよく質問する、説明を通じて理解した内容を自ら言語化して「〇〇と解釈したのですが間違いありませんか」と確認する……など、ちょっとしたことでコミュニケーションが深まります。

(4)自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報

 たとえ“名医”であっても、目の前に座った患者の自覚症状と病歴をピタリと言い当てることは不可能です。特に初診のときは、自覚症状と病歴をきちんと伝えられるように、メモにまとめて持って行きましょう。あらかじめパソコンなどで病歴表を作成し、副作用やアレルギーなどの注意事項も記しておくと便利です。

(5)これからの見通しを聞きましょう

 “見通し”といっても、治るかどうかやその時期は、専門家でも断言できません。ただ、治療のスケジュールや、治療の目標、日常生活への影響はどのようなことが予想されるかなど、見通しを確認することは可能です。大まかな見通しを知って、患者自身が努力すべきことを考えてみましょう。

『新 医者にかかる10箇条』
期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について