日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

医療問題なぜなにゼミナール

第1回 賢い患者になりましょう

「素人」である患者でもできること

 山口育子=NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長

誰もがいつかはお世話になる「医療」。ですが、自分や家族が病気になるまで、医療については特に関心がないという人も多いのではないでしょうか。医師との付き合い方や医療制度の動向まで、いざという時にあわてず、安心して治療を受けるために必要な知識をNPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長の山口育子さんが伝授します。

 はじめまして。山口育子です。このコラムでは、ズバリ「賢い患者」になるためのヒントをご紹介していきたいと思います。

 いきなり「賢い患者」と聞くと、何か特別な勉強をしないといけないのではないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。実は、COMLが1990年に活動をスタートして以来、ずっと大切にしている合言葉が「賢い患者になりましょう」なのです。

「お任せ」の見直しからスタート

私たち一人ひとりが「いのちの主人公」「からだの責任者」。判断を医療関係者任せにしてはいけない。(©Ferli Achirulli/123RF.com)

 COMLの創設当時は「賢い患者になりましょう」と言うと、患者側も医療側も「???」だったようです。なぜなら、患者には患者の“権利”があるということを知っている人は少数派で、多くの人は、医者に“お任せ”するものだと思い込んでいたからです。私自身はこの年に卵巣がんを発症し、医療との長いおつきあいが始まったのですが、分からない言葉の意味を質問するだけで「神経質な患者」と言われ、「自分の病気についてきちんと理解したい」と主張すると「やりにくい患者」と言われました。そんな時代だったのです。

 ですが、病気とは、ときに自分の“いのち”や“人生”をも左右する大きな出来事です。誰かに代わってもらうことも、代わってあげることもできません。それほど重要な問題を、他人に“お任せ”していいはずがない、私たち一人ひとりが「いのちの主人公」「からだの責任者」であるはずだと考え、市民の立場でCOMLを立ち上げたのが、前理事長の辻本好子(故人)です。「賢い患者になりましょう」も、そんな辻本が口癖のように話していた言葉です。

賢い患者の5つの定義

 「賢い患者になりましょう」というメッセージは、受け止める人によって、さまざまな反応がありました。患者側からは「医療は専門性が高いのに、素人の患者に何ができるのか」「プロである医者を相手に、自分の言いたいことが言えるわけがない」という戸惑いの声が届きました。医療側、特にドクターからは「患者が賢くなる必要なんてない」「うるさく主張する患者が増えると困る」などと、否定的な意見も寄せられました。

 しかし、COMLは決して「ドクターと対等に向き合えるだけの知識を持ちましょう」とか、「小賢(こざか)しく対応できるスキルを磨きましょう」という意味で“賢い”と言ったわけではありません。あくまでも、患者自身の意識や心構えを見直そう、自分の問題として主体的に医療参加し、自立・成熟した患者を目指そう、と考えたのです。

 そこで、漠然とした呼びかけに終わらず、“賢い患者”の行動を定義して、具体的に紹介することにしました(下表)。

賢い患者の5つの定義
      (1)病気の自覚
      (2)受けたい医療を考える
      (3)思いの言語化
      (4)協働とコミュニケーション
      (5)一人で悩まない
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について