日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

医療問題なぜなにゼミナール

第11回 インフォームド・コンセントの定着が“説明不足”を招いている

説明されているのに「聞いていない」となる理由

 山口育子=NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長

誰もがいつかはお世話になる「医療」。ですが、自分や家族が病気になるまで、医療については特に関心がないという人も多いのではないでしょうか。医師との付き合い方や医療制度の動向まで、いざという時にあわてず、安心して治療を受けるために必要な知識をNPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長の山口育子さんが伝授します。

 前回(「第10回 「医療訴訟を提起したい」という相談が激減した理由」)は、COMLが対応してきた5万5000件に上る電話相談の内容の変遷についてご紹介しました。今もさまざまな苦情が届きますが、医療者の「説明不足」を訴える相談は、なお後を絶ちません。インフォームド・コンセントが日本の医療現場で重視されるようになって四半世紀が過ぎようとしているのに、です。

時間をかけて説明を受けているのに、患者には「聞いていない」という不満が残っている。(©tomwang/123RF.com)

 しかも、「その治療方法を提示されたなら、通常はこの合併症のことは説明されるはずなんですけれど…」「このような基本的な説明がなされなかったのですか?」と、思わず問い返したくなるような、非常に基本的な内容を「聞いていない」と相談者は訴えるのです。

 私自身ももちろん、患者や家族の立場として医療を受けるときがあります。ここ数年、どのような医療機関に行っても、説明は丁寧にされるようになったという実感があるだけに、説明不足の相談が届くたびに不思議でなりませんでした。そこで数年前から、結果として説明不足と思われる相談が届くたびに、「医師から説明の時間は取ってもらえなかったのですか?」と確認するようにしてみました。

「いえ、説明は1時間ほどありました」と口を揃える相談者

 すると、何と大半の方が、「いえ、説明は1時間ほどありました」と口を揃えるのです。1時間も説明されたのなら、このような基本的なことを説明しないはずがない、なぜなんだろう。そんな疑問を抱き、さらに詳しく相談者の話を聴いて分析してみました。すると、説明不足に陥った真相として、意外なことに、インフォームド・コンセントが定着したことが原因の一つであることが判明しました。

 インフォームド・コンセントという概念は、もともと、「患者が病名や病状を知りたいと望めば、知る権利がある」という“患者の権利”が根本にあって生まれました。ところが、インフォームド・コンセントが日本に上陸して以来、患者の権利というよりは、「説明すること」と理解されて広まっていきました。そのため、現在、日本のほとんどの医療現場におけるインフォームド・コンセントは、医療者が必要と思った情報の一方通行になっていると思うのです。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について