日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

病気にまつわる数字の話

「200人が助かる」と「400人が死ぬ」は同じ?違う?

数値の受け取り方を変える「フレーミング効果」

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

「5年生存率」「検査陽性」「基準値」「平均余命」「リスク」…。皆さんは、ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解していますか? 病気にまつわる「数字」について、誤解しがちなポイントを分かりやすく解説するとともに、数字の読み方、解釈の仕方についても、わかりやすく説明します。

 前回の記事(「5年生存率は30%」と言われたら」)で、がんの5年生存率についてお話ししました。5年生存率とは、がんと診断された人のうち、5年間生きている人の割合のことです。たとえば、「5年生存率が80%」であれば、それは「ある時点でがんと診断された人が100人いたら、そのうちの80人が5年後も生存している」という意味です。

 これを逆に考えると、100人のうち20人は、5年後には亡くなっていることになります。人間は、生きているか死んでいるかのどちらかしかありませんので、「80人が生きている」と言うのと、「20人が死んでいる」と言うのは、同じことを逆向きに言っているにすぎません。しかし、与える印象は大きく異なります。

「アジア病問題」が示すもの

 この現象を示す有名な実験が、「アジア病問題」と呼ばれるもので、1981年にScience誌に発表されました。論文の著者は、2002年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンと、彼の共同研究者であったエイモス・トベルスキーです。

 彼らは以下の問題を設定し、学生に尋ねました。

【問題1】米国は特殊なアジア病の爆発的流行に備えている。この病気が流行すると、600人が死亡すると予想されている。2つの対策が提案されており、それぞれの効果は以下の通りである。あなたならAとBのどちらを選ぶか。

対策A:200人が助かる
対策B:3分の1の確率で600人が助かるが、3分の2の確率で誰も助からない

 結果は、Aが72%、Bが28%でした。

 彼らは次に、問題2を設定し、別の学生に尋ねました。

【問題2】問題1と同じ状況で、あなたならCとDのどちらを選ぶか。

対策C:400人が死ぬ
対策D:3分の1の確率で誰も死なず、3分の2の確率で600人が死ぬ

 結果は、Cが22%、Dが78%でした。

 もうお気づきだと思いますが、対策Aと対策Cは、同じことを述べています。同様に、対策Bと対策Dも、同じことを述べています。にもかかわらず、問題1ではAを選んだ人が多数派で、問題2ではDを選んだ人が多数派だったのです。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について