日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > 生活に支障なく過ごせる「健康寿命」はどう求める?
印刷

病気にまつわる数字の話

生活に支障なく過ごせる「健康寿命」はどう求める?

平均寿命との差は男性9.1年、女性12.7年

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

「5年生存率」「検査陽性」「基準値」「平均余命」「リスク」…。皆さんは、ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解していますか? 病気にまつわる「数字」について、誤解しがちなポイントを分かりやすく解説するとともに、数字の読み方、解釈の仕方についても、わかりやすく説明します。

日本の平均寿命は延びましたが、「健康寿命」はどうでしょうか。(©:Tawesit Werawattanachai-123rf)

 日本は世界有数の長寿国。平均寿命は男性80.5歳、女性86.8歳(平成26年簡易生命表)に達しています。

 長生きはそれだけでありがたいことですが、最近では「健康で長生き」がテーマになっています。そこで注目されているのが「健康寿命」という指標です。健康寿命とは「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」(平成26年版厚生労働白書)のことです。

 定義上、「健康寿命」は「平均寿命」より常に短く、その差は「健康上の問題で日常生活が制限されている状態で生きている期間」といえます。その程度は様々でしょうが、食事、移動、入浴などで介助が必要であれば「日常生活が制限されている」といえるでしょう。制限されている期間は、男性は9.1年、女性は12.7年(2010年)にも及びます。この数値だけを見ると、けっこう長いと思いませんか。

 国民の健康作りの指標を示した「健康日本21(第二次)」でも、「平均寿命の増加分を上回る健康寿命の増加」、言い換えれば「平均寿命と健康寿命との差を縮める」ことが目標の一つになっています。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.