日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

病気にまつわる数字の話

上の血圧が145でも元気。あなたは病院に行きますか?

人間ドック学会の基準値報道で見えてきたこと

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

「5年生存率」「検査陽性」「基準値」「平均余命」「リスク」…。皆さんは、ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解していますか? 病気にまつわる「数字」について、誤解しがちなポイントを分かりやすく解説するとともに、数字の読み方、解釈の仕方についても、わかりやすく説明します。

 しばらく前の話になりますが、日本人間ドック学会が2014年4月に公表した新しい「基準範囲 」(表1)は、マスコミでも多く取り上げられました。血圧値や血糖値など、よくある検査の多くで、現行の基準値より緩めの値が示されたからでしょう。

表1◎ 日本人間ドック学会が示した基準範囲の例
注)「今の基準値」とは、日本人間ドック学会が定める基本項目で「異常なし」とされる範囲(日本人間ドック学会の資料より抜粋して引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、収縮期血圧値(いわゆる「上の血圧」)に関しては、下限88~上限147(今の基準で「異常なし」と判定されるのは、下限なし~上限129)、拡張期血圧値(いわゆる「下の血圧」)に関しては、下限51~上限94(同、下限なし~上限84)でした。素直に読むと、例えば血圧値が145/92mmHgの人は、今の基準では「異常なし」と判定してもらえませんが、今回発表された基準範囲には収まっていることになります。

逆は必ずしも真ならず

 そもそもこの基準範囲とは、どのようにして求められたものなのでしょうか。

 同学会の説明によると、2011年に人間ドックを受診した約150万人のうち、過去にがんなどの病気にかかったことがない、病気の治療のために薬物を常用していない、喫煙していない、といった幾つかの条件をすべて満たす約34万人をピックアップし、さらにその中から、基本検査9項目のデータが極端に高かった人と低かった人の両方を除外して、その時点で「超健康人」と考えられる約1万~1万5000人の検査値を調べたということです。

 ここで気を付けないといけないのは、「逆は必ずしも真ならず」ということです。

今の血圧値で健康であっても、将来ずっと健康であるか否かは別の話。(© Tsuboya - Fotolia.com)

 仮に「超健康人」と判定された人の血圧値が145/92mmHgだったとしても、それは必ずしも、145/92mmHgの人を「超健康人」と判定する根拠にはならないのです。今回の調査では、「超健康人」に判定された人とされなかった人との比較がなされていません。そのため、超健康人に判定されなかった人の中に145/92mmHgの人がいるかどうかが分かりません。ましてや、現在の血圧値が、「今後もずっと“超健康”である」ことの保証にはなりません。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について