日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > 上の血圧が145でも元気。あなたは病院に行きますか?
印刷

病気にまつわる数字の話

上の血圧が145でも元気。あなたは病院に行きますか?

人間ドック学会の基準値報道で見えてきたこと

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

「5年生存率」「検査陽性」「基準値」「平均余命」「リスク」…。皆さんは、ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解していますか? 病気にまつわる「数字」について、誤解しがちなポイントを分かりやすく解説するとともに、数字の読み方、解釈の仕方についても、わかりやすく説明します。

 しばらく前の話になりますが、日本人間ドック学会が2014年4月に公表した新しい「基準範囲 」(表1)は、マスコミでも多く取り上げられました。血圧値や血糖値など、よくある検査の多くで、現行の基準値より緩めの値が示されたからでしょう。

表1◎ 日本人間ドック学会が示した基準範囲の例
注)「今の基準値」とは、日本人間ドック学会が定める基本項目で「異常なし」とされる範囲(日本人間ドック学会の資料より抜粋して引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、収縮期血圧値(いわゆる「上の血圧」)に関しては、下限88~上限147(今の基準で「異常なし」と判定されるのは、下限なし~上限129)、拡張期血圧値(いわゆる「下の血圧」)に関しては、下限51~上限94(同、下限なし~上限84)でした。素直に読むと、例えば血圧値が145/92mmHgの人は、今の基準では「異常なし」と判定してもらえませんが、今回発表された基準範囲には収まっていることになります。

逆は必ずしも真ならず

 そもそもこの基準範囲とは、どのようにして求められたものなのでしょうか。

 同学会の説明によると、2011年に人間ドックを受診した約150万人のうち、過去にがんなどの病気にかかったことがない、病気の治療のために薬物を常用していない、喫煙していない、といった幾つかの条件をすべて満たす約34万人をピックアップし、さらにその中から、基本検査9項目のデータが極端に高かった人と低かった人の両方を除外して、その時点で「超健康人」と考えられる約1万~1万5000人の検査値を調べたということです。

 ここで気を付けないといけないのは、「逆は必ずしも真ならず」ということです。

今の血圧値で健康であっても、将来ずっと健康であるか否かは別の話。(© Tsuboya - Fotolia.com)

 仮に「超健康人」と判定された人の血圧値が145/92mmHgだったとしても、それは必ずしも、145/92mmHgの人を「超健康人」と判定する根拠にはならないのです。今回の調査では、「超健康人」に判定された人とされなかった人との比較がなされていません。そのため、超健康人に判定されなかった人の中に145/92mmHgの人がいるかどうかが分かりません。ましてや、現在の血圧値が、「今後もずっと“超健康”である」ことの保証にはなりません。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.