日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

病気にまつわる数字の話

病院に行く? それとも市販薬で済ます?

選択に迷ったら「2×2」で考えよう

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

「5年生存率」「検査陽性」「基準値」「平均余命」「リスク」…。皆さんは、ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解していますか? 病気にまつわる「数字」について、誤解しがちなポイントを分かりやすく解説するとともに、数字の読み方、解釈の仕方についても、わかりやすく説明します。

 毎日の生活は、選択の繰り返しです。今日のランチのメニューを「ハンバーグ定食」にするか「お刺身定食」にするかといった小さな選択(といっても、意外に重要なこともありますが…)もあれば、自宅を購入する際に「マンション」にするか「一戸建て」にするかといった、大きな選択もあります。

 健康や医療に関してもまったく同じです。テレビショッピング番組で見かけた健康食品を買うか、買わないかといった選択もあれば、がん治療で手術にするか放射線にするか、といった選択もあるでしょう。前回の記事(「血液をサラサラにする薬」の効果のほどは?)で紹介したランダム化比較試験(JAMA. 2014; 312: 2510-20.)は、高血圧や糖尿病などの病気を持つ高齢者(60~85歳)が、将来、心筋梗塞や脳卒中を起こさないように、予防的にアスピリンを飲むか、飲まないか、という選択を検証するために行われました。

 健康や医療に関して、もし2つ以上の選択肢があるのなら、そして、そのうちのどれにすべきか迷っているのなら、比較して考えてみることが大切です。さらに言えば、特に迷っていなくても、とりあえず比較してみると、選択のためのヒントが得られるはずです。

2×2のマス目を埋める

表1

 その際におすすめの方法は、「2×2」のマス目をつくって考えることです。アスピリンのランダム化比較試験では、アスピリンを飲んだ人(アスピリン群)は7220人、飲まなかった人(非アスピリン群)は7244人でした。そこで、表1をつくります。この段階ではまだ「2×2」ではありません。

 次に、この試験で問題となった、心血管疾患(心筋梗塞や脳卒中など)のために死亡したり、死亡はしなくても心筋梗塞や脳卒中を起こしてしまった(これをアウトカムという)人数を調べます。論文によると、アスピリン群では193人、非アスピリン群では207人でした。

 アウトカム(+)の人以外、つまりアウトカム(-)の人は、心筋梗塞や脳卒中を起こさなかった人です。それぞれの群の人数からアウトカム(+)の人数を引けば、アウトカム(-)の人数が分かります。この情報を加えて、表2をつくります。表2において赤枠で囲ったマス目のことを、「2×2」表と呼ぶことが多いです。

表2
期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について