日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

Dr.松倉のサプリのすすめ

感情が浮き沈み、ネガティブ思考になったら「男性更年期」を疑う

長引くと厄介。サプリや“塗るホルモン薬”で対処しよう

 松倉知之=松倉クリニック&メディカルスパ院長・医師

忙しい日々のなか、健康のため、若々しさアップのためにサプリメントを活用するビジネスパーソンは多いはず。でも、そのサプリメントが体内で十分に力を発揮していないとしたら? いま注目の理論「分子整合栄養医学」をもとに、松倉知之先生があなたにとって本当に必要な栄養素と、“本当に効く”サプリメントのとりかたを提案します。

男性更年期は「自覚しにくく、長引きやすい」

「最近ストレスが強いせいかな」「歳をとっているのだから仕方ない」などと、なんとなく感じている不調を放置していませんか。(©Andriy Popov-123rf)

 最近、なんだか気持ちの浮き沈みが激しくなることはないでしょうか。ときに「自分はダメだ」「きっとうまくいかない」といったネガティブ思考も頭が占領してしまう…。

 このようなメンタルの変化は、あなたが男性更年期、「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」を迎えたサインかもしれません。

 更年期というと、閉経を迎える女性特有の症状だと思われがちですが、実は男性にもあるのです。

 LOH症候群は「症状が分かりにくい」「放置すると10~15年続く」という特徴があります。だからこそ、自分で早めに自覚する必要があるのですが、正しく理解している人は非常に少なく、「最近ストレスが強いせいかな」「歳をとっているのだから仕方ない」などと、なんとなく感じている不調を放置してしまうことが多いに違いありません。

 しかし、LOH症候群に早く気付けば有効な対策がある、ということを今回はお伝えしたいと思います。

 女性の更年期障害は、50歳ごろの閉経期に「女性ホルモン」の分泌が急激に低下することによって起こります、イライラや体のほてり、不眠、疲れやすさなど心身にさまざまな症状が現れます。

 一方、LOH症候群もテストステロンなどの「男性ホルモン」の低下によって起こります。ホルモンの分泌量はゆっくりと下降していくため、女性ほどはっきりとした症状が現れにくい点が大きな違いです。しかし、低下したサインとなる症状は、性欲の減退や気力の衰え、感情の起伏が大きくネガティブになった―などに注意していれば気付くことができるはずです。ちなみに、男性ホルモンは、活力の源ともいえるホルモン。仕事へのバイタリティーを与えることに加え、心臓病や前立腺疾患、肥満やアルツハイマー病を予防するなどの働きもあります。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について