日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

Dr.松倉のサプリのすすめ

食後の睡魔を防ぐサプリとは?

空腹時のイライラ、食後の眠気は甘いものが原因かも

 松倉知之=松倉クリニック&メディカルスパ院長・医師

忙しい日々のなか、健康のため、若々しさアップのためにサプリメントを活用するビジネスパーソンは多いはず。でも、そのサプリメントが体内で十分に力を発揮していないとしたら? いま注目の理論「分子整合栄養医学」をもとに、松倉知之先生があなたにとって本当に必要な栄養素と、“本当に効く”サプリメントのとりかたを提案します。

「低血糖」がイライラや眠気を引き起こす

 忙しい毎日。あなたにはこんな食事の習慣はありませんか?

  • 夕食の前、「まずはビール1杯」が習慣になっている
  • 昼食は麺類や丼ものを好んで食べる
  • 疲れたときに甘いものをとるとほっとする
  • 喉が渇いたときは炭酸飲料を選ぶことが多い
  • ここぞというときには栄養ドリンクで乗り切る

 前回(「飽食時代の現代人に忍び寄る『栄養失調』」を参照)は、「現代人は、毎日3食の食事をとっていても栄養不足の状態になりやすい」というお話をしました。そして今回、みなさんにぜひ知っていただきたいのは「現代人の糖質過多」についてです。

働き盛りで忙しい人ほど、手軽に食べられる炭水化物食でお腹を満たすことが多くなります。このような食べ物は体を「糖質過多」な状態に導き、イライラや眠気といった不快な状態を引き起こします。(©lightwise-123RF)
 

 冒頭のチェックリストをやってみた結果は、いかがでしたか? 働き盛りで忙しい人ほど、手軽に食べられる炭水化物食でお腹を満たすことが多くなり、炭酸飲料で爽快感を得たくなるものです。また、疲れた体にたまらなく美味しく感じるビールや、一時的に気分をしゃきっとさせる栄養ドリンクに頼る機会も増えます。

 

 しかし、このような食べ物・飲み物は全て体を「糖質過多」な状態に導きます。その結果、イライラや眠気といった不快な状態を引き起こし、その状態を吹っ切ろうとして再び糖質を求める、という悪循環を引き起こしやすいのです。

 

 糖質過多が、イライラや眠気といった一見関係なさそうな症状を引き起こすのはなぜでしょう。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について