日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

Dr.松倉のサプリのすすめ

ストレス不眠を改善する「L-トリプトファン」

ホルモンの乱れをアミノ酸で調える

 松倉知之=松倉クリニック&メディカルスパ院長・医師

忙しい日々のなか、健康のため、若々しさアップのためにサプリメントを活用するビジネスパーソンは多いはず。でも、そのサプリメントが体内で十分に力を発揮していないとしたら?いま注目の理論「分子整合栄養医学」をもとに、松倉知之先生があなたにとって本当に必要な栄養素と、“本当に効く”サプリメントのとりかたを提案します。

疲れているのに眠れない、朝起きるのがつらい…

 いよいよ春。職場の環境変化なども激しい時期ですね。あなたにはこんな不調はありませんか?

  • 疲れているのになかなか寝付けない
  • 眠りが浅く、嫌な夢を多く見る
  • 朝すっきり起きられない
  • 口内炎、耳鳴り、偏頭痛がよく起こる

 「眠り」に悩みを抱えているとき、「枕が合わないのでは」とか「マットレスを変えて寝心地をよくしてみよう」と、睡眠の環境を整えようとする人がいます。もちろん、そうした対策も間違いではありません。しかし、私が患者さんの話を聞いていると、眠れないことの一番の原因はホルモンのアンバランスにあり、根本的にアプローチしないと眠りのトラブルは解決できないのではないか、と思うことが実に多いのです。

 前回(「男性機能のお悩みは「亜鉛不足」が原因?」)は男性ホルモン(テストステロン)と男性機能障害や気分の浮き沈みについてお話しました。今回は、同じホルモンの中でも「コルチゾール」「アドレナリン」といった眠りに影響を及ぼすホルモンについてお話ししましょう。どちらも副腎という臓器で産生されていますが、アドレナリンは副腎髄質から、コルチゾールは副腎皮質から分泌されます。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について