日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

Dr.松倉のサプリのすすめ

男性機能のお悩みは「亜鉛不足」が原因?

40代からは男性更年期対策のミネラルをチャージ

 松倉知之=松倉クリニック&メディカルスパ院長・医師

忙しい日々のなか、健康のため、若々しさアップのためにサプリメントを 活用するビジネスパーソンは多いはず。でも、そのサプリメントが 体内で十分に力を発揮していないとしたら? いま注目の理論「分子整合栄養医学」をもとに、松倉知之先生があなたにとって本当に必要な栄養素と、“本当に効く”サプリメントのとりかたを提案します。

気分が沈む、男性機能の低下…働き盛りのオトコの悩み

こんなときには「亜鉛」を補ってみよう。

  • ED(勃起不全)が気になっている
  • 最近、気分の浮き沈みが激しいと感じる
  • 肌荒れ、抜け毛、薄毛が気になる
  • 口内炎、口角炎になりやすい

働き盛りの40~50代男性の体の中では変化が起こっています。(©Jasmin Merdan-123rf)

 中間管理職として職場では緊張を強いられ、疲労も蓄積…40~50代の働き盛りは、人生で最もストレス値が高まりやすい時期かもしれません。

 実はこの時期、体の中でも変化が起こっています。

 男性ホルモン(テストステロン)の値が徐々に下がるのに応じて、勃起不全などの男性機能障害に悩む人が増えます。また、気分の浮き沈みが起こりやすく、やる気が出ない、疲れがとれない、といった不調も現れます。特にこのような不調が強まるのが、45~55歳ぐらいだといわれています。いわゆる「男性更年期障害(LOH症候群)」です。

加齢変化と勘違いしやすい“小さな症状”が長期間続く

 私は40歳ごろから男性ホルモンを補うホルモン療法やサプリメントの摂取を本格的に行っていたのですが、あるとき「どの成分が自分に効いているのかを確かめたい」と、全てを止めてみたのです。すると、気分の浮き沈みが激しくなり、ネガティブな考え方をすることが多くなってきました。

 その変化に真っ先に気づいたのが妻で、「年齢のせいかしら。元に戻したら?」と言われ、摂取を再び始めると、すっと楽になりました。こんなに楽になるものなのだな、と実感できたことは大きな収穫でした。おそらく、ホルモンやサプリメントの摂取をしていなかった間に出た変化が男性更年期の症状だったのだと思います。

 男性は外ではメンツを保ちたいという思いが強く、仕事でははりきっていても、家に帰ると緊張が緩んで、ネガティブな気持ちを表しやすい。男性更年期の間は特にその傾向が強まります。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について