日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

自分のこころのトリセツ

「嫌われるのが怖い」 こんなときどうする?

完全に敵から目を背けられなくても、離れる時間を増やす

 下園 壮太=メンタルレスキュー・シニアインストラクター

「嫌われる」ことを人間の本能は「命を狙う敵がいる」と感じます。だから、自分のことを嫌っている人や苦手に感じる人がいるとすごく消耗するのです。嫌われるのが怖い、という気持ちとどんなふうに折り合いをつければいいかを考えましょう。

嫌われることも、嫌うことも、本能と密接に結びついているからこそ、人はそのことにこだわってしまい、知らず知らずのうちにエネルギーを消耗します。(©bowie15-123rf)

 人から嫌われるって、嫌なものです。心がざわつくし、惨めだし、傷つくし。嫌われたくないと思うあまりに周囲に気を遣いすぎて疲れ果て、「いったい私、何をやっているんだろう」と自分を責めてしまうこともあります。

 「嫌われたくない」という感情を原始人モードでとらえてみましょう。

 かつて、100人ほどの村で築かれた人間関係は、一生、変えられないものでした。私自身が生まれ育った田舎もそうです。その町を出るまでは、ずっと同じ友達と、同じ人間関係が続いていきます。そんな中で決定的に人間関係が壊れるということは、自分がかなり「生きづらくなる」ことを意味しました。

 人間が「生きる」という最終目標を達成するために、まずはこれができていれば大丈夫、と目指す「原始人の中間目標」は、「仲間を作る」「愛される」「能力をつける」「群れの中で一番になる」の4つである、と私は考えています。これらの要素が満たされると今でも人は心穏やかに生きていけます。反対に、満たされないと不安になります。

 中でも、「嫌われる」ことは、一つ目の「仲間を作る」が否定されることです。命の危機に陥っても助けてもらえない、食糧も分けてもらえない。現代は原始時代と違って一つの集団の中で孤立しても、場所を変えれば生きていくことができるはずなのに、「嫌われたかも」と思ったとたん、原始人の本能は「嫌われたくない、だって、嫌われたら自分は生きていけない」と騒ぎ出します。

 たとえば、職場の一人があなたを攻撃してきたとします。すると、本能は相手のことを「自分を殺すかもしれない敵だ」と過剰反応します。敵の動きを察知しないと命を守ることができない。だから、職場では絶えずその人の話し声ばかりが耳に飛び込み、目線も行動も気になります。相手からは遠ざかっているはずなのに、帰宅している最中も、家に帰って布団に入っているときも、相手のことを考えてしまうのです。

 このように、嫌われることも、嫌うことも、本能と密接に結びついているからこそ、人はそのことにこだわってしまい、知らず知らずのうちにエネルギーを消耗します。悩んでいるうちに疲れ切って、うつ状態になってしまうことも多いのです。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について