日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

自分のこころのトリセツ

「焦ってばかりで何も進まない」こんなときどうする?

心身を休ませることでしか焦りを止めることはできない

 下園 壮太=メンタルレスキュー・インストラクター

不安要素が多くなるほど、「何か対処しないと!」という焦りも強くなります。焦りとは、自分に起こり得る未来の危機を予測して、危ない局面をできるだけ避けようとすることによって働く感情です。焦りに心がとらわれてしまったときは、そうさせる正体が何であるかを突き止め、時間と気持ちに余裕を持たせる。矛盾するように感じるかもしれませんが、自身を休ませることでしか事態は好転させられないのです。

未来を想像し、不安要素が多くなるほど、「何か対処しないと」という感情である焦りも強くなります。(©Lisa Young-123rf)

 「今日はあれとこれをやって、こっちも忘れないように」と考えるうち、頭の中が焦りでいっぱいになり、結局何も手につかなくてさらに焦ることがあります。あるいは、自分が何に焦っているのかわからないのに、そわそわして落ち着かない…ということもあるでしょう。

 焦りという感情もまた、原始人のころから人間が本能の中に蓄えてきた感情です。その奥には、「不安」という感情が横たわっています。

 まず、不安について考えてみましょう。

 人を不安にさせる要因は、主に2つから成り立っています。

 1つ目は「外界の変化」。天変地異や外敵に襲われるといった環境ストレスです。2つ目は「エネルギー低下」。飢える、体力が底をつくというストレスです。いずれも命の危機にさらされる状況を意味しています。

 この危機的状態を克服するために、生き物はどうしてきたのでしょうか。猛獣が鋭い牙や大きな体を持つように、人間は予知能力を鍛えることによって危機を避けてきました。予知能力なんて言うと特別な能力のようですが、要は、先の先まで予測し、危ない局面をできるだけ避けることです。

 私たちが怪しい雰囲気のところにはなんとなく近づかず、苦手なタイプの人を避けようとするのも、この「不安」という予知能力のたまものです。

 未来を想像し、不安要素が多くなるほど、「何か対処しないと」という感情である焦りも強くなります。特に、人がうつ状態に陥ると、不安の感情がわっと拡大するので、わけのわからない焦りの感情に振り回されるようになります。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について