日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方

「アトピー性皮膚炎」に効く漢方

アトピー体質そのものを漢方薬で改善して再発を防ぐ

 幸井俊高=薬石花房 幸福薬局代表・薬剤師

 アトピー性皮膚炎は激しいかゆみを伴うつらい病気です。以前は子供の病気といわれていましたが、近年では大人になってから発症するケースも増えています。一般に炎症を抑えるステロイド外用薬が処方されますが、症状が落ち着いて薬の使用を中断すると、症状が再発することがよくあります。
 幸福薬局の薬剤師、幸井俊高さんは、「アトピー体質である限り、アトピー性皮膚炎は再発します。アトピー体質の根本にあるのが陰液や衛気の不足です。漢方では、漢方薬を使って陰液や衛気の不足を解消し、アトピー体質そのものを改善していきます」と話します。

Aさん(女性、28歳)
「10年前に1人暮らしを始めた翌年、アトピー性皮膚炎になりました。顔や首が乾燥して赤くなります。かゆみがいつもあり、とくに夜になるとひどくなります。仕事で人前に出ることが多いので、病院で処方されるステロイド外用薬で症状をコントロールしています」

 Aさんは、ステロイドを6年ほど前から使用しています。塗ると症状が軽くなりますが、塗るのをやめると再発します。ステロイドを塗らないと顔や首は赤黒く、乾燥して皮膚が厚くごわごわし(肥厚)、一見してアトピーとわかる状態です。舌は紅く乾燥しており、舌苔はほとんど付着していません。

アトピー性皮膚炎に対しては一般にステロイド外用薬が処方されますが、症状が落ち着いて薬の使用を中断すると再発することがよくあります。(c)teeramet thanomkiat -123rf

 この病気の特徴は、かゆみが強いことです。寝ているあいだに無意識に患部をかいてしまうと皮膚の状態がわるくなり、皮膚炎が悪化します。この悪循環を断たないと、アトピー性皮膚炎はなかなか治りません。

 かゆみの原因は、皮膚の乾燥や、皮膚のバリア機能の低下です。バリア機能というのは、外界からの刺激に対して皮膚が人体を守る免疫機能のことで、皮膚の重要な役割のひとつです。

 アトピー性皮膚炎の人は、バリア機能が低下し、皮膚がデリケートで敏感になっています。皮膚の一番外側にある角質層がもろくなっており、ちょっとした刺激ですぐに皮膚の末梢神経が敏感に反応するような状態です。そこにハウスダストやダニ、ほこり、花粉、細菌、排気ガス中の化学物質などが付着すると皮膚が過敏に反応し、炎症、かゆみが生じます。

 さらに炎症そのものがバリア機能を低下させます。このため皮膚は外気の刺激にますます過剰に反応し、皮膚炎が悪化しやすくなります。このような乾燥肌でバリア機能が弱いアレルギー体質は、アトピー体質と呼ばれています。

 アトピー性皮膚炎に対しては一般に、上記の症例のように炎症を抑える働きの強いステロイド外用薬が処方されます。ただし症状が落ち着いてステロイド外用薬の使用を中断すると、また症状が再発、悪化することがよくあります。それはステロイド外用薬が症状を抑える薬であり、アトピー体質を改善する効果はないからです。アトピー体質である限り、アトピー性皮膚炎は再発します。

 アトピー性皮膚炎の再発を繰り返し、完治できないままステロイド外用薬を漫然と使い続け、何年か経過したのちに、「アトピー性皮膚炎を根本的に治したい」「アトピー体質を改善したい」と思い至り、漢方治療を始める人が多いように思います。

アトピー体質の根本は、陰液や衛気の不足

 アトピー体質の人は、皮膚の潤い(体液)が不足しており、肌が乾燥し、刺激に対して敏感になっています。このような体質を漢方では陰虚(いんきょ)体質といいます。陰虚の陰は、体液を含む概念である陰液(いんえき)のことです。陰虚体質だと体表で陰液が不足し、アトピー性皮膚炎が生じやすくなります

 また、体表を保護し、外界から病邪が体内に侵入してくるのを防ぐ機能を漢方では衛気(えき)と呼んでいます。衛気は外界に対する人体の防御機能であり、バリア機能は衛気に含まれます。衛気が不足するとバリア機能が低下し、アトピー性皮膚炎が生じやすくなります

 衛気が円滑に働くためには、皮膚に必要な水分や養分が十分に供給される必要があります。陰虚体質で必要な水分や養分が皮膚に供給されなくなると、衛気の活動が潤滑に行われなくなり、外界からの刺激に過敏に反応して皮膚が炎症を起こすことになります。

 陰液や衛気の不足以外にも、胃腸機能が弱い、血流がわるい、栄養状態がよくない、ストレスが強い、などの影響でアトピー性皮膚炎になります。それぞれの証に合わせて漢方薬を処方し、アトピー体質を改善していきます。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について