日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方

むくみによる「下半身太り」に効く漢方

水の巡りを調え、体内の過剰な水分を追い出す

 幸井俊高=薬石花房 幸福薬局代表・薬剤師

体の中に過剰に水分が溜まるとむくみになります。食べ物などから吸収された水分は、体を巡って排泄されますが、その流れがスムーズでなくなると、水分が過剰な状態となって、むくみ、さらには「下半身太り」を引き起こします。「漢方薬では水の巡りを調えることで、むくみを解消させていきます」と幸福薬局の薬剤師、幸井俊高さんは話します。

Aさん(女性、37歳)
「むくみやすい体質です。とくに午後から脚がむくみます。疲れやすくて、体調が良くないときに、むくみが特にひどくなります」

 Aさんは一日中座りっぱなしのデスクワーカーです。若いころから疲れやすく、あまり食欲がない方だといいます。便は軟らかめで、便秘をしたことはありません。むくみのせいか、手足が重だるく感じることもあるそうです。舌は白っぽく、表面に白い舌苔がべっとりと付着していました。

 むくみは、体内にたまった過剰な水分が原因で起こります。「夕方になると脚がむくむ」「朝起きると顔がはれぼったい」「手の指がむくんで指輪がきつい」などの自覚症状が現れます。

 下半身のむくみがなかなか治らず、いわゆる「下半身太り」のような状態で悩む人も少なくありません。太る原因は「脂肪」または「水分」のどちらかが余分になっているためですが、下半身太りの場合は、後者が関係しているケースが大半です。

 漢方でむくみは、「体の機能単位である五臓六腑の機能がバランスを欠くことで、体内の水分の流れが停滞して生じる」と考えられています。こうした慢性的なむくみを解消するにも、漢方薬が効果を発揮してくれます。

むくみの原因は、五臓六腑の機能低下によって発生した「内湿」

むくみは、体液の流れが滞ることが原因で起こる。(©Amawasri Naksakul-123rf)

 体内に停滞する異常な水液のことを内湿(ないしつ)といい、むくみと深い関係にあります。

 体内の水液を調節する機能を、漢方では「三焦(さんしょう)」という概念でとらえています。「三焦」は五臓六腑(*)の1つで、全身に広がるすべての臓腑を包み込む膜状の組織です。「気」や「津液(しんえき)」は、この三焦を通って全身を流れていく(三焦気化)とされています。「気」は生命活動全般に関わるエネルギーを、「津液」は組織間液やリンパ液など人体に必要な液体を指します。

 むくみは、この三焦気化がスムーズに機能しなくなったときに、体液の流れが滞り、内湿が溜まることで起こります。三焦気化は、水分の吸収や循環、排泄に関わる「脾」「肺」「腎」「肝」からの影響を受けると考えられています。

(*)五臓六腑とは…漢方において、からだの機能を示す言葉。「肝」「心」「脾」「肺」「腎」という5つの機能的単位(五臓)と、「胆」「胃」「大腸」「小腸」「三焦」「膀胱」といった6種の中空の器官(六腑)を指します。それらのバランスを調えることにより、病気を治療します。主に「肝」は自律神経系、「心」は循環器系、「脾」は消化器系、「肺」は呼吸器系、「腎」は内分泌系や生殖器系の機能が当てはまります。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について