日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方

更年期障害に効く漢方

五臓の「腎」「肝」「心」の乱れを正して、心身の不調を改善させる

 幸井俊高=薬石花房 幸福薬局代表・薬剤師

更年期障害の主な原因は、加齢に伴う性ホルモン量の減少です。特に女性は急激に減少するため、不調がはっきりと現れやすいといいます。「漢方では、加齢によって五臓の『腎』『肝』『心』が複合的に乱れ、イライラやほてり、頭痛などの不調を招くと考えます。どんな症状が現れているかをしっかり見極め、適した漢方を選んでいきましょう」と幸福薬局の薬剤師、幸井俊高さんは話します。

Aさん(女性、49歳)
「2年ほど前から更年期症状に悩まされています。特につらいのは、イライラです。わけもなくイライラしたり、怒りっぽくなったりします。イライラしていることに気が付くとかえって憂うつな気分になります。自分の感情をコントロールできなくて、落ち込んでしまいます」

 Aさんは、不安にかられて動悸がしたり、ホットフラッシュ(*1)が少しあることも話してくれました。胃腸の調子もあまりよくないようで、便秘と下痢を繰り返しているようです。頭痛や肩こりもひどく、マッサージに行っても、そのときに少し楽になるだけで、またすぐ元の状態に戻ってしまうとのこと。舌は赤く、黄色い舌苔(ぜったい)が付着しています。

*1 ホットフラッシュとは場面に関係なく、急に顔がほてったり、のぼせた状態になったり、多量に汗をかいたりすること。

 「更年期障害」は、女性の場合、閉経年齢の50歳前後を中心に、45歳から55歳くらいまでの期間に現れるさまざまな精神的、肉体的な症状のことです。この期間は個人差が大きく、早ければ30代で現れる人もいます。

 更年期障害の主な原因は、女性ホルモンの分泌量の減少です。卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量は、妊娠適齢期の20~30代をピークに、40代後半から急激に減少します。加齢による減少ですので自然なことではありますが、その変化に体がついていけず、つらい思いをしながら更年期を過ごす人は少なくありません。

 ホルモン量の減少に加え、自律神経系のバランスの乱れや、循環器系、消化器系、泌尿器系、皮膚や筋肉の機能低下も同時に進行しています。メンタル面でも、家庭内のストレスや老後の不安も高まる年齢です。

 更年期に起こる不調を、不足したホルモンを補充するだけでやり過ごすのではなく、ホルモン以外の要因も広く考慮に入れ、体全体の調子をととのえて更年期障害に対処していくのが、漢方の特徴です。

 今回は女性の更年期障害について解説します。若年性の更年期障害や、男性の更年期障害については、別の機会に解説します。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について