日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

幸福薬局・幸井俊高の しあわせ漢方

イライラに効く漢方

「熱邪」を鎮める漢方薬で“イライラ体質”を改善

 幸井俊高=薬石花房 幸福薬局代表・薬剤師

イライラすることは、だれにでもあります。その原因はストレスだけではありません。同じようなストレス下でも、イライラする人もいれば、全くイライラしない人がいるように、実は体質も関与しています。「漢方薬によってイライラしにくい体質に変えられる可能性があります。漢方では、イライラは『熱邪(ねつじゃ)』の仕業と考え、火熱を冷ます薬を使います」と幸福薬局の薬剤師、幸井俊高さんは話します。

Aさん(男性、52歳)
「年齢とともに、イライラしやすくなってきました。寝汗もかくようになりました。夢にうなされて夜中に起きると、寝汗をびっしょりかいていることもあります。怒らなくてもいいほどのちょっとした部下のミスにもイライラし、怒ってしまうことがあります」

 のぼせや手足のほてりもあり、布団から手足を出して寝ているというAさん。のどがよく渇き、冷たい水をよく飲むといいます。舌は赤く、舌苔がほとんどついていません。

 イライラすることは、だれにでもあります。自分の思いどおりに事が運ばないときや、ちょっとしたストレスを感じたときに、イライラすることは、別に病気でも何でもありません。

 しかし、イライラばかりしていては、気分が落ち着かず、楽しくありません。じっとしていられず、仕事や趣味に集中できません。眠れなくなったり、「バカなことをしたな…」と自己嫌悪に陥ったりすることもあるでしょう。できればイライラすることなく日常生活を過ごしたいものです。

 イライラの原因は、ストレスだけではありません。疲れや、女性なら、月経前や更年期障害などのホルモンバランスの乱れも無視できません。同じようなストレスがかかっても、すぐイライラする人もいれば、ぜんぜんイライラしない人もいます。ストレスの程度だけでなく、体質的な要因で、イライラしやすかったり、イライラしなかったりすることもあるのです。

 漢方では、この体質的な要因を改善、つまり「イライラ体質」を改善することにより、鎮めていきます。「どうしてあんなことでイライラして、つまらないことをしてしまったのだろう」と落ち込むことがあるようなら、漢方薬で体質を改善してみてはいかがでしょうか。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について