日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた  > お薬手帳はあなたのカラダの「代弁者」
印刷

ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた

お薬手帳はあなたのカラダの「代弁者」

副作用や無駄な受診の防止に力を発揮

 橋口玲子=緑蔭診療所医師

「医療とは、医師から受けるもの」、こんな一方通行のイメージを私たちは抱いてしまいがちです。しかし、最善の医療は患者がかしこく「手に入れるもの」という発想を持つと、今よりももっと満足のいく治療を受けられたり、医師とのコミュニケーションをもっとうまくできるようになるはずです。臨床経験が豊富で、遠方からの患者を多く受け入れる緑蔭診療所の橋口玲子先生に、知っておくと絶対役立つ、患者の心得を指南してもらいます。

 前回は、ネット上に氾濫する情報に振り回されず、医師としっかりコミュニケーションをとる必要についてお話しました。今回は、医療を受けているときのこんなハプニングについて、考えてみましょう。

Eさん(女性)
「先日、かぜで初めて処方された薬を飲んだら、その直後にじんましんが出てびっくり…。薬のせいかと思い心配で、飲むのを止めてしまったのだけど、まだのどが痛くて…」

 処方された薬を飲んだ後にじんましんが出ると、誰しも慌てるし、不安になるものですね。

 薬疹(*)を心配して受診すると、おそらく医師から「どのような薬を飲みましたか?」と聞かれることでしょう。たまに薬にものすごく詳しい患者さんがいらっしゃいますが、ほとんどの方は飲んだ(飲んでいる)薬について的確に答えることはできません。でも、それが当たり前だと思います。

 例えば、かぜで薬が処方されるときには、咳を止める、痰を切る、鼻水を止める、頭の痛みをとる―など、目的が異なるいろいろな種類の薬が同時に処方されることがほとんど。複雑で自分では到底把握できそうにもない薬の情報を見渡したいときに、役立ってくれるのがお薬手帳です。

*薬疹とは、薬が原因で起こる発疹のこと。じんましん、紅斑(盛り上がりのない赤いまだらのような発疹)、なかなか治まらないコインの形に似た発疹など、症状の出方はさまざまです。

1/4 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.