日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

歯磨きしないとボケるって本当?

ハナシにならないハナシ

 立川らく朝

健康に気をつけるべき、体に悪い習慣は改めるべき、とわかっていても、「そんなの無理だよ、できないよ」というのが、日々忙しく働く人たちのホンネ。落語家であり医学博士でもある立川らく朝さんが、現代社会に生きるビジネスパーソンへの共感を込めてつづる健康エッセイ。読んでほっこり癒されて!

(イラスト:つぼいひろき)

「おまえんとこのゴマ摺り課長な。さっきも部長に見え透いたお世辞言ってたぜ」

「仕様がないんだよ。あの課長、歯周病だから」

「どうして」

「歯の浮くようなことばかり言うんだ」

 歯周病はみなさんよくご存知の病気。歯肉が腫れたり、出血したり、でも放っておく人が多いようです。「忙しいのにいちいち歯医者に行ってらんないよ」、分かります分かります。

 だいいち歯医者くらい恐ろしい人はないですよ。人の口の中にドリルを突っ込むんだよ。手元が狂ったら俺の口の中はどうなるんだろう、っていつも恐怖におののいてます。だから歯医者さんが治療が終わって私から離れると、「ああ助かった」ってなもんですよ。

 その入れ違いに来てくれるのが歯科衛生士さん。「では、歯垢をとりましょうね」なんて優しい声で言ってくれるとホッとする。しかも歯科衛生士さんて、来る人来る人みんな美人だよね。例外無くみんな美人。だって、全員マスクしてるもの。 

 歯医者が好きって人はあまりいないだろうけど、歯に無頓着な人もいたりするんですね。「飲んで疲れて帰ってバタンキュー、歯を磨かないで寝ちゃう時もあるんだよね」、分かります分かりま…ちょっと待って、いくらなんでもそれ、マズいんじゃないの。

1mgに10億個のバイ菌

 歯周病の原因はなんと言っても、歯と歯肉の間(歯肉溝)のプラーク、つまり歯垢です。歯肉溝で細菌が繁殖することで歯周病は起きてきます。プラークは細菌にとってはパラダイスみたいなところ。温かいわ、食い物はあるわ、時にはビールも来ればスイーツも来る。1mgのプラーク中には、約10億個もの細菌がいるんですよ。

 こんな状態で寝る前の歯磨きをパスしたら、バイ菌は増えるだけ増えて、もう想像するだけでも恐ろしい。そのうち歯肉溝にスペース(歯周ポケット)が出来て膿がたまるんですね。そうすると、歯がグラグラしてきて、ついに抜歯なんてことになる。これでハ(歯)ナシになったらハナシにならない

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について