日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

出血大サービス

胃潰瘍とピロリ菌のはなし

 立川らく朝

健康に気をつけるべき、体に悪い習慣は改めるべき、とわかっていても、「そんなの無理だよ、できないよ」というのが、日々忙しく働く人たちのホンネ。落語家であり医学博士でもある立川らく朝さんが、現代社会に生きるビジネスパーソンへの共感を込めてつづる健康エッセイ。読んでほっこり癒されて!

(イラスト:つぼいひろき)

「おまえ、昨日の会議で部長にかなりやられてたなあ」

「俺、頭来てな、帰りに隣の飲み屋で部長の悪口をさんざん言ってたんだよ。そうしたら部長が店に入ってきちゃってさ」

「じゃあ、慌てたろ」

「ちょうどビール飲んでる時だったからさ、泡食っちゃった」

 ストレス解消にヤケ酒、よくあることです。忘れてしまいたくなるようなストレスなんか毎日ある、って方少なくないですよ。じゃあストレスを解消するったって、ナニするかは難しい。会社から家に帰りつくまでのわずかな時間内に解消したいじゃないの。家で女房に八つ当たりでもしたら、後でこっちが酷い目にあうしさ。もう飲むしか手がないじゃないの…分かるなあ。それはよーく分かるんですけど、でも気をつけて、そんな方は知らないうちに胃潰瘍ができてるかもしれないんですね。胃潰瘍の怖いところは、痛みがないまま進行して、いきなり吐血することがあるんです。これ、下手をすると緊急手術なんですから。

 「ストレス潰瘍」という言葉があるくらい胃袋はストレスに弱いんです。毎日ストレスまみれになって、ひどい胃潰瘍ができてるのに気が付かずに「おい、みんな飲みに行こう」なんて部下を連れてヤケ酒。無理に誘って愚痴を聞かせて、挙げ句に部下に支払いまでさせるわけにいかない。「今日は全部俺のおごりだ」「課長、いいんですか」「いいんだよ、今日は俺、出血大サービスだ」って、突然お店で血を吐いて、これ本当の出血大サービスになっちゃう。救急車で病院に運ばれて、居酒屋で自腹を切ったあとは、今度は手術室で自腹を切ったなんて、洒落にもならないですからね。

 潰瘍というのは、表面の細胞が壊れて中の組織がむき出しになった状態。ちょうどスコップで壁を掘ったような、ひどい有様になってるわけですが、どんどん掘っていくとその下には血管がある。とくに動脈が傷つけば、これはもう大出血することになるわけです。

 ご存じのように、胃の中には胃酸が分泌されています。胃酸ってね、金属をも溶かしてしまうくらいの強烈な酸なんですよ。じゃあどうして胃の細胞は胃酸で溶かされないかというと、胃の表面には胃粘膜という胃壁の細胞を守る物質がバリアーのように覆っているんですね。ところがこのバリアーが壊れたら、胃の細胞はたまらないですよ。胃酸に溶かされて、まるでスコップで掘られたかのごとくやられちゃう。ひとたび胃壁の表面がむき出しになると、いきなり弱くなる。掘れると弱い、こういうのを「ホレた弱味」という…あまり当てにならないけど。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について