日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

鰻は身体に良いのか悪いのか

土用の丑には何食べる

 立川らく朝

健康に気をつけるべき、体に悪い習慣は改めるべき、とわかっていても、「そんなの無理だよ、できないよ」というのが、日々忙しく働く人たちのホンネ。落語家であり医学博士でもある立川らく朝さんが、現代社会に生きるビジネスパーソンへの共感を込めてつづる健康エッセイ。読んでほっこり癒されて!

(イラスト:つぼいひろき)

土用の丑の日、でっぷりと太った客が鰻屋で蒲焼を食べている。

その首筋に蚊がポイと止まって、血を吸い出した。

「う~ん脂がのってて美味しい血液、やっぱり土用の丑はスタミナ付けなくちゃ。あら、あなたどうしたの、なんで吸わないの」

「私、やめとくわ」

「どうしたの、食欲ないの」

「そうじゃないのよ。最近太っちゃったから、脂もの控えてるの」

 日本の夏のスタミナ食といえば、江戸時代からやっぱり鰻。鰻のおよそ20%は脂肪、江戸時代に鰻ほど高脂肪な食材はめったになかったんですね。

 ただ考えてみれば、「土用の丑は鰻を食べよう」なんて昔の話ですよ。江戸時代のように普段野菜ばかりの生活だったからこその土用の鰻。それが今やどうですか、毎日がスタミナメニューだもの。ハンバーグに焼き肉、餃子にレバニラ炒め、たまには豚トロ定食なんてものを食べたりして。挙げ句の果てに土用の丑だからって、これ以上脂ものを食べてどうすんのよ。

 こんな昨今なんだから、「土用の丑はさっぱりしたものを食べる日」ってことに決めたら良い。なにも世の中に付き合うことないじゃないの、「土用の丑はソーメンを食べる日」にしてごらんなさいな、胃腸にだって懐にだって軽く済む。

 特に最近は鰻が高騰して手が出なくなってきちゃった。大の鰻好きのお父さん、週末に家族で食事に出たけど鰻は予算オーバー、他人が食べてる鰻を窓越しに見ながらヨダレを垂らしてる。隣にいた奥さんが、「あんた、土曜の牛になってるよ」。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について