日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

握力が下がると死亡率が上がる

婚活には握力計

 立川らく朝

(イラスト:つぼいひろき)

「おまえ、ゴルフ部の先輩とマッチプレーやったんだって、どっちが勝ったんだよ」

「もち、現役の俺だよ。先輩はもう社会人だもんな。でも俺、最後のホール、ダブルボギーだったんだ」

「それでよく勝てたなあ。先輩はどうだったんだよ」

「OBだった」

 ゴルフはグリップが命だといわれます。私はゴルフはあまりやりませんが、握力があればいいってもんじゃないらしいんですね。手のひらがしっくりとクラブに収まるような握り方が大事なんですって。考えてみれば手のひらというのは、体と道具との接点なのですから、そりゃあ大事ですわなあ。

 手のひらが接点になるのは握手も同じ、人と人との接点ですよね。握手する時には、しっかり相手の手を握りしめるのが礼儀なんだそうです。

 先日落語会のあと、お客様へご挨拶をするため会場のロビーに出ました。すると向こうから、まるで相撲取りのような体格の男性が近づいてきます。しかも結構な勢いで、一直線にズンズンと。さすがにちょっとビビりますよ。思わず後ずさりすると、その相撲取りのような方、私の帯のあたりにぐっと手を付き出す。とたんに私、そうか前ミツを取りに来たな(そんなわけないだろ)。するとその方、「らく朝さん、握手してください」。なんのことはない、お客様から握手を求められたんですね。

 私、ニッコリ笑って手を出したのですが、その方の手の大きくて分厚いこと。しかも力があるんだ。両手で渾身の力で握り締められた。手が痛いのなんのって。そりゃね、渾身の力じゃなかったんだろうけど、手のひらの骨が折れるかと、マジで不安がよぎったんです。でも相手は落語会のお客様、私は笑顔で「有り難うございます」。顔で笑って心で泣いて、なんてもんじゃない。痛みをこらえながら、顔で笑って心で「ウ~~」と唸ってました。ものには限度ってものがあらあね。

婚活には握力計

 もっともね、握手はしっかりと強く握り合う、これが友好の証になるわけです。ビジネスでもそうです、弱々しく手を握るような相手をビジネスパートナーにしたいとは思わないでしょう。手に力が入ってないと、なんとなく頼りなげですもんね。でもね、健康に関しても似たようなことがあって、実は握力と健康って、とても強い関係があったんです。

 カナダのマクマスター大学がちょっと変わった調査をしました。35歳から70歳にいたるまで、世界17カ国の男女、約14万人の握力を測定したのです。そして、握力と死亡リスクに関係があるかどうかを調べたんですって。暇、といえば暇ですよ。だって握力と死亡リスクとの関係だなんて、これで何の結果も出なかったら、この人単なる暇人で終わるわけでしょ。でも、驚くべき成果があったのですよ。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について