日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

軒を貸したら母屋を壊された

脂肪肝は恐ろしい居候

 立川らく朝

健康に気をつけるべき、体に悪い習慣は改めるべき、とわかっていても、「そんなの無理だよ、できないよ」というのが、日々忙しく働く人たちのホンネ。落語家であり医学博士でもある立川らく朝さんが、現代社会に生きるビジネスパーソンへの共感を込めてつづる健康エッセイ。読んでほっこり癒されて!

(イラスト:つぼいひろき)

「セールスマンってのもきつい仕事だよなあ。一日中売り歩いてんだぜ」

「おまえこの前、脂肪肝だから痩せろって言われたんだろ。丁度いいじゃんかよ」

「だけど足が棒のようだよ。公園に行ってサボってこよっと」

「仕事しろよ。サボってると、肝臓の脂肪だって減らないぞ」

「大丈夫だよ、アブラを売ってくるんだ

 健康診断でよく引っかかるものに脂肪肝があります。肝臓はもともと脂肪の蓄積場所。肝臓の30%以上の細胞に脂肪(中性脂肪)が蓄積している状態を脂肪肝というのですが、考えてみれば脂肪肝って肝臓の肥満なんですよね。実際に、太った人に脂肪肝は多いんです。

 脂肪肝の脂肪はどこに溜まるかというと、肝臓の細胞の中。脂肪は細胞の中にちゃっかりと居候してるんですね。これがひどくなると、細胞内のほとんどのスペースが脂肪で占められてしまいます。ちょいと間借りさせてたつもりの居候に、いつの間にか家を乗っ取られてるわけ。そしてついには細胞が壊されてしまいます。「軒を貸して母屋を取られる」どころか、家ごと破壊されてしまうのですから恐ろしい居候ですよね。

 細胞が壊れると細胞内のいろいろな物質がどっと流出して、血液の中をずっと流れることになります。こうして血中で増えてくる物質が、皆様ご存知の、AST(GOT)やALT (GPT)、γ-GTPなどという酵素です。採血をして、これらの肝臓固有の酵素の値が高いと肝機能障害という診断名が付くわけですが、その原因の多くは脂肪肝なんですね。

 それにしても、採血の下手な医者ってすぐ分かる。注射器を持ったまま、ひとの血管を見ながら首をかしげるんだよね。そんな時ナニ考えてるかっていうと皆同じ、「入るかなあ~」。そのうちやおら針を刺そうとする。この時にどういう結論に至って針を刺そうとしてるかというと、これも同じで「ま、いっか」。中には「当たるも八卦」って、占いやってんじゃねえやい。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 登録初月は無料! 登録は今すぐ!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について