日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

お洒落に骨を強くする方法

女子会やるなら何にする

 立川らく朝

健康に気をつけるべき、体に悪い習慣は改めるべき、とわかっていても、「そんなの無理だよ、できないよ」というのが、日々忙しく働く人たちのホンネ。落語家であり医学博士でもある立川らく朝さんが、現代社会に生きるビジネスパーソンへの共感を込めてつづる健康エッセイ。読んでほっこり癒されて!

(イラスト:つぼいひろき)

「主任、だから老人ホームで運動会するのはやめようって言ったんです。捻挫したり転んで怪我した人とかいっぱい出て、スタッフみんな大変だったんですよ」

「いやあ、みんなご苦労だった。しかし、骨折者が一人も出なくて良かった」

「なに言ってんですか主任、スタッフ全員、どんだけ骨を折ったか

 歳をとってから怖いのが、転んで骨を折ってしまうことですよね。年齢と共に骨は弱くなるものですが、その最大の原因は骨粗鬆症です。転んだ時に起きる骨折で一番怖いのが、大腿骨頸部骨折。これは足と胴体(骨盤)とを繋いでいる部分(大腿骨頸部)が折れてしまうので、まず歩くことはできない。ほとんどが手術することになる上に、寝たきりの原因の上位にもなっています。

 でもね、日本人って、欧米の人に比べると大腿骨頸部骨折は少ないんです。どうしてかというと、日本人は足が短いから転んでも落差がない、だから衝撃が弱くて骨も折れない…嘘ですよ。そんなわけないでしょうよ。実は日本的なライフスタイルが良いらしいんですね。

 日本人は畳の生活をするから、しょっちゅう立ったり座ったり。しかも朝晩は布団の上げ下ろし、こんな動作がすべて足の付け根にある大腿骨頸部に負荷をかけることになります。これがいいんですよ。だって、負荷がかかると骨は強くなるんです。

 でも最近は椅子やベッドの生活が多いでしょ。ベッドばかりがフカフカで、骨にはフカがない。こんな状態が続くと、日本人にも大腿骨頸部骨折が増えるかもしれないですね。

 だからね、ベッドの人も朝晩布団の上げ下ろしをするといいんですよ。でも洋室には押し入れがないから、布団を玄関まで運んで下駄箱の上に置いて、ってなにもそこまでしなくてもいいけど、毎日の運動の積み重ねは骨粗鬆症の予防には大切なんですね。「そんな暇はない」、いえ、少しずつでいいんです。だって骨のことなんですから、コツコツやるのが宜しいようで。

骨粗鬆症だってお洒落に予防

 骨粗鬆症の予防には、カルシウムやビタミンDを十分に摂ることが効果的です、なあんてね。「そんなことは分かってるけど、いちいち気にしながら食べてらんないよ」、ごもっとも、ごもっとも。「やっぱり食事は楽しく、お洒落でなくちゃ」って、そうですよね。じゃあねえ、皆さん大好きで、しかもちょっとお洒落な、地中海料理なんてのはどうでしょうか。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について