日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

3日前のお昼ご飯

ずぼらでもできる惚け予防

 立川らく朝

健康に気をつけるべき、体に悪い習慣は改めるべき、とわかっていても、「そんなの無理だよ、できないよ」というのが、日々忙しく働く人たちのホンネ。落語家であり医学博士でもある立川らく朝さんが、現代社会に生きるビジネスパーソンへの共感を込めてつづる健康エッセイ。読んでほっこり癒されて!

(イラスト:つぼいひろき)

物忘れが治りますようにと神社にお参りをしたら、「ぼけ封じの御守」なるものを見つけた。

「これぞ神様のお導きだ。一つください」

「はい、どうぞ。これ、お釣りです」

「ありがとうございます。お釣りも忘れないようにしてと。さあ、これで絶対に俺の物忘れは治るぞ」

喜んで帰ろうとしたとたん、お巫女さんに呼び止められた。

「あ、お客様、今買ったお守り、忘れてますよ」

まるで御利益なかったりして。

 物忘れが多くなると、なにやら惚けの足音が後ろから近づいてくるようで気になるものです。「まずい、いよいよ来たか」なんて、ゾッとしたりして。でもね、誰でも年齢と共に認知機能は低下するものです。そりゃあ、だんだん物忘れだってするようになりますよ。でもどの程度だったら許容範囲なんでしょうか。

 ある銀行強盗が金庫の中で捕まってニュースになりました。職人気質の頑固じいさんの強盗で、指先1本で金庫をあけて入って来た。しかも銀行強盗としては最高齢記録だというんで、もう巷では賞賛の嵐、「凄い」ってなもんですよ。でもどうして金庫の中で捕まったかというと、自分がなぜ金庫の中に入ったのか、忘れちゃったんだそうです。

 こうなるとやっぱり認知症。単なる年齢からくる物忘れと認知症では、どこがどう違うのかというと、たとえば、3日前のお昼ご飯に何を食べたか、覚えてますか?「まずい、何を食べたか忘れちゃった」って、大丈夫なんですよ。お昼のおかずを覚えてないという程度なら、加齢による物忘れであって、特に異常ではないんです。でも認知症の場合は、お昼ご飯を食べたという経験そのものを忘れてしまうんですね。ま、お昼のおかずを忘れてしまったことを気にしていること自体、認知症ではない証拠なんですけどね。

 認知症ではまず記憶力が障害されることは皆さんよくご存じですが、脳の中で記憶を司っている部分は「海馬」という場所で、脳の中心部に位置しています。たとえば認知症の最大の原因疾患であるアルツハイマー病では、かなり初期の段階から海馬の萎縮がみられるんですね。海馬は新しく入ってきた情報(つまり記憶)をいったん蓄えて、そしてその情報を記憶の中枢である前頭葉に送る大切な役目を果たしています。ですから海馬の働きが悪くなり、記憶情報の出し入れがスムーズにできなくなると、「あれ、何だったかな」が始まるようになるわけです。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について