日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

森山紀之の「拝啓 これからがんになる皆様へ」

「2人に1人ががんになる」という意味

偏ったがんの情報に惑わされないことが大切

 森山紀之=東京ミッドタウンクリニック健診センター長 常務理事

その言葉は、ある日不意に言い渡される―「がん」。耳にした瞬間、多くの人は「死」を初めて実感し、自分の「命」を改めて認識するようになるという。今や日本人のおよそ半分が、なんらかのがんにかかる時代。人生、家族、仕事…。がんをきっかけに診療室で繰り広げられる人間模様とともに、がん治療の最前線を歩み続ける医師が語る、現代人に伝えたい生き方の道しるべ。

がんはもはや「国民病」という認識を持つことの大切さ

 「恐らく、がんの疑いがあります。念のため、詳しい検査をしてみましょう」

 がんをいち早く見つけることが放射線科医としての私の生業とはいえ、患者に検診結果を伝えるときはやはり緊張するものです。そして、その結果が重篤であるほどいつもこう思います。

 「せめてあと数年、いや1年早く、がん検診を受けていてくれたら…」と。

 現代社会における死亡原因の第1位であるがん。厚生労働省が発表する『我が国の人口動態』(平成26年)によれば、2012年における日本国民の死亡者数は125万6359人。そのうち28.7%(36万963人)が「悪性新生物」、つまり「がん」で亡くなっています。私がかつて勤めていた国立がんセンターの「がん対策情報センター」の推計では、現在、日本国民のおよそ2人に1人が一生のうちに“何らかのがん”にかかり、結果的に3人に1人はがんで死ぬ時代になりました。

       がんによる死亡率は依然として上昇傾向をたどる
1981年以降、日本人の死因別順位は「悪性新生物(がん)」が1位を続けている。これは、生活習慣病にも関連が深いとされる「心筋梗塞」や「脳梗塞」といった血管イベントによる死亡率を合算したものよりも高い。(出典:厚生労働省、平成26年『我が国の人口動態』より)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本人が生涯でがんに罹患(りかん)するリスクは50%。これはもはや“国民病”といっても過言ではないほどの高い数字です。これを「高い」と感じるか、「低い」と感じるかは個々人に委ねるとして、長らくがん治療に携わってきた私の立場から言えば、もはや、「人はがんになるもの」との心構えを持って生きる方が賢明なのでしょう。

 もちろん、読者のみなさんの不安をいたずらにあおるつもりはありません。ですがこの先、がんの正しい知識と心構えを備えていくかどうかで、いざというときの対策や対処の選択肢が増やせると私は考えます。手術や治療、闘病といったがんと向き合う決断はいうに及ばず、みなさんにとって大切な「仕事」や「家族」、そして「経済的」な問題にも速やかに対応できるからです。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について