日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

森山紀之の「拝啓 これからがんになる皆様へ」

「絶対にがんにならない方法はありません」

唯一の道は、生活習慣の見直しで「リスク」を下げること

 森山紀之=東京ミッドタウンクリニック健診センター長 常務理事

その言葉は、ある日不意に言い渡される―。「がん」。次の瞬間、多くの人は「死」を初めて実感し、我が人生を改めて振り返る。今は日本人のおよそ半分が、なんらかのがんにかかる時代。がんをきっかけに診察室で繰り広げられる人間模様とともに、がん治療の最前線を歩み続ける医師が綴る、現代人に贈る生き方の道しるべ。

「私、すい臓がんにかかったみたいです」

 「先生、どうやらすい臓がんにかかってしまったのかもしれません」

 50代の男性が血相を変えて診察室に飛び込んで来るや否や、せきを切ったように訴えかけてきました。丁寧に問診をはじめたところ、少し前から背中に強い痛みが起こり始めたといいます。インターネットを使ってあれこれ調べた結果、「痛みの原因はすい臓がんによるものではないか」と言うわけです。

食事の偏りもがんを生むリスクを高めるとされている。「特定の食材を取り続けることでがんを防ぐというデータが示されたとしても、10年以上の単位で調査を続けたデータだとは限りません。がんになるリスクを分散させるためにも、毎日、様々な食材をとる食事を心がけることが大切です」 (©lightwise-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 体のどこかに“不吉な痛み”が起こったとすれば、がんかもしれないと考えるのは無理からぬことでしょう。今では国民の2人に1人ががんにかかる時代(関連記事:「『2人に1人ががんになる』という意味」参照)ですから、他人事だとは思えなくなり、急に不安になる。

 しかし、こうした自覚症状を訴えかけてきた人が、本当にすい臓がんであることは、実は極めてまれです。たしかに、背中に起こる痛みは、すい臓がんの症状の1つではあります。自覚できるほどの痛みを感じた時点で、かなり進行していることが多いのも事実です。ですが痛みの原因の大半は、運動不足からくる筋肉痛であったり、背骨のゆがみであったりします。もちろん、この男性の検査結果もすい臓がんではありませんでした。

続きは日経Goodayマイドクター会員(有料)に登録するとすぐご覧いただけます。

期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について