日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 「歯の痛み」から始まった悲劇

第40回…歯痛、腰痛、睡眠不足の3大苦をなんとか乗り越える

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 突然、“歯の激痛”に襲われた石原さん。お酒・食事が楽しめなくなった石原さんに更なる悲劇が…。年末年始のテレビ番組の収録が重なる超多忙な季節を、乗り切ることができたのでしょうか。

歯の治療で、シャンパンも森伊蔵もあきらめた

ゴルフ対決番組『中村雅俊・石原良純と女子プロの新春ゴルフペアマッチ2018』(テレビ愛知)に出演する〝良純チーム”。三ヶ島かなプロと。2018年1月3日の午後2時30分から放送予定。(写真提供:テレビ愛知)

 歯が痛い、歯が痛い、歯が痛いよ。

 突然、歯が痛み始めた。二週間前にメンテナンスに行ったばかりなのに。その時、確かに右の奥歯が揺れていた。いつ痛み出してもおかしくないとは言われていたけれど、この忙しい年末に歯が痛まなくてもいいではないか。

 幼年期、少年期、青年期、歯医者知らずの僕だった。まさか、それが仇になるなんて。虫歯はなくても、歯肉が弱ってしまっていた。経年劣化。“三十過ぎたら歯医者へGO”と聞いていたが、あとの祭りだった。

 仕事終わりに歯医者へ駆け込む。検診の予約はなかなか取れなくても緊急事態となれば、いち早く診てくれる椿先生に、まずは感謝。

 レントゲンを見ると、歯肉が後退してバイ菌が入って、歯肉が炎症を起こしている。ここまで悪くなったら神経を抜くほかない。麻酔を射っての治療とはいえ、ボワワンと痺れた唇の裏側で、奥歯がやんわりと痛みを発していた。

 無事に治療を終え、余裕で乗り込んだ大阪行きの最終便。ファーストクラスならば機内食のお供はシャンパンと決まっているが、未だ痺れた唇でグラスを傾ける気はしない。

 だいいち、口の右側の半分が満足に動かないのだから、食べるのだって面倒くさい。食べ物を前歯で小さく刻んだら、ベロで左奥歯へ送り込む。大きく口を開いて噛めば、右の奥歯が痛むから、ギリギリ、ギリギリと臼歯を使って擦り潰すほかない。後は多少大きくても、唾と一緒にゴックンと飲み込むしかない。そんな食事は、ちっとも美味しくない。

 シャンパンも森伊蔵もあきらめて、今宵のディナーはペリエをお供にした。調子が悪い時には、たとえお酒が飲み放題でも無理して飲まない。55歳にしてようやく僕も賢くなった。

 悲しかったのは、翌朝のウェスティンホテル大阪の朝食バイキング。朝メシは思いっきり食べてやろうと思っていたのに、噛み合わせると奥歯が痛い。麻酔が醒めたらスッキリと痛みは取れているとばかり思っていた。お腹は空いているけれど、やっぱり美味しくない。いつもの半分の量でバイキングを断念した。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について