日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 マラソンはひとりで走っているわけではない

第26回…今秋、3つのマラソンに参加、『函館マラソン』の仇は取った!

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 今秋、石原さんは3つのマラソンに参加しました。滑川のハーフマラソンでは想定以上のタイムで疾走し、富山マラソン(フルマラソン)では2度目の「サブ4」を実現。ゲスト・サポーターとして参加した『福岡マラソン』では、いつも沿道からもらっているエネルギーをランナーに返しました。3つの大会を通じて、石原さんの胸に去来した思いとは。

初ハーフマラソンを想定以上のタイムで疾走

 スポーツの秋。今年の僕は三つのマラソン、10月9日『滑川ほたるいかマラソン』、10月30日『富山マラソン』、そして11月13日『福岡マラソン』に参加した。

 富山県滑川市は、もはや僕にとって第2の故郷ともなっている。富山湾の海の恵みは、ほたるいか、ぶり、甘エビ、紅ずわいがに……と枚挙にいとまがない。緑の豊かな大地には、絶えることなく清らかな水が流れ、美味い米を育み、美味しい酒を生む。そして何より振り返った背後には、三千メートル超えの立山連峰がそびえ立つ。海、大地、山。非の打ちどころのない大自然に囲まれた土地は、日本中探してもそう見当たるものではない。

 そんな富山と僕を結び付けたのは、ロケで訪れた滑川で偶然に立ち寄った小さなお寿司屋さんだった。駅前のビジネスホテルから夕食を求めてブラブラ歩いていると、海沿いの旧北国街道に突き当たり、唯一、燈りをともす店を発見した。東京でならば何のツテもない寿司屋に入ることはまずない。でも、魚の街に来たのだからボラれることもないだろう。「ええぃ、ままよ」と扉を開けた。

 中に入るとカウンターの中に頑固そうなおやじさんがひとり。「ここ、いいですか」と尋ねてカウンターの端に座っても見向きもしない。しばらく気まずく沈黙していると、騒がしく扉が開いて、おかあさんが戻って来た。とっても、とっても寡黙な大将と、とっても、とっても賑やかな女将さん。その構図は、二十年経った今も、ずっと変わらない。

 滑川を足がかりに、その後は毎年欠かさず富山の仕事の声がかかる。今や富山県の二十数市町村で、訪れていないところはない。

 そんな滑川の街を、この秋はマラソン大会で疾走することになった。大会はハーフマラソン約21キロ。ならば、スピードを上げて疾走しても完走できると僕は踏んだ。

 僕の想っていた通り、フルとハーフではランナーの思惑は違う。フルマラソンならば、これから42キロ走るうちに何が起こるか分からない。スタート直後のランナーは、あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ、落ち着きがない。僕のゲストランナー用のゼッケンに書かれた名前を見つけ、期待半分、不安半分の笑顔で声を掛けてくる。

 一方、ハーフマラソンは21キロ先のゴールラインが、ランナーの目に見えている。だから、無駄な行動はとらない。脇目をふらず、真っ直ぐ自分の進むコースを見つめ、計算通りのペースで黙々と前へ足を運ぶ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
『滑川ほたるいかマラソン』では、二十年以上通い続ける滑川・小杉寿司のおやじさん、女将さんが横断幕まで用意して応援してくれた

 一カ月以上しっかり走り込んでいた僕の走りは絶好調。大きなストライドで軽快なピッチを保ってゴールを目指す。レース終盤、旧北国街道の小杉寿司前で、おやじさんや女将さんと一緒に写真に収まる余裕さえあった。沿道の声援に笑顔で応えられているうちは、ランナーにはまだまだ余力が残っているということだ。

 初ハーフマラソンのタイムは、1時間46分22秒。僕が想定していた1時間55分を大きく早まった。

日経Gooday マイドクター 会員限定記事が読み放題! 新春キャンペーン 2月末まで無料! ご登録は1月末まで

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について