日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 東京湾、真夏の一大スペクタクル
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

東京湾、真夏の一大スペクタクル

第1回 「空」は一番身近な大自然

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。前向きに生きれば、日々是好転!

怪しい黒雲が駆け始めた空を見て、独り微笑む

 忙しい日々の中で、心と体のバランスを整える最も簡単で身近な方法をお教えしよう。

 それは、“空を見上げること”。

「日常の中で一番身近に自然を感じられるのが空。1日一度、空を見上げてみよう」(写真:岡﨑健志)
[画像のクリックで拡大表示]

 ある年の夏、東京・お台場のホテルで夏の日を過したことがある。折しも、関東の南の海上で熱帯低気圧から格上げになったばかりの台風が、首都圏へ真直ぐ狙いを定めていた。ディズニーランドやお台場海浜地区での休日を楽しみにされていた方々には申し訳ないが、僕は怪しい黒雲が駆け出し始めた空を眺め、独りニンマリ微笑んだ。

 海の見えるテラスへと続くガラス戸が、風にあおられバタンと大きな音を立てて閉まる。いつもなら気持ちの良い朝食会場となるはずの屋外の椅子やテーブルを、ホテルの従業員が慌ただしく片付けていた。

 風が強まるにつれ、普段は穏やかな東京湾にも白波が立ち始める。空の低いところを駆ける黒雲は数を増す。それは、台風の外側を反時計回りに駆ける先ぶれの雲だ。ジッと雲を眺めれば、いかにも人相が悪い。それは『鬼平犯科帳』に登場しそうな、盗人集団の手下といったところだ。黒雲に気をとられているうちに、いつしか青空が鉛色に変わる。ブーンと低震動でホテルの大きな窓を揺らす突風の中に、ポツリ、ポツリと雨粒が交ざりだす。次第に雨粒は圧倒的な数となり、ザーッと窓を打ちつける。

1/3 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。高血圧はなぜ怖いのか。そして、どうすれば血圧は下がるのか。本特集で最新情報をアップデートしておこう。

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.