日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

横浜マラソンで大珍事! 幻の“サブ4”!?

第7回 一週間の禁酒、最高のパフォーマンスで臨んだのに…

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。前向きに生きれば、日々是好転! この5年間でマラソンが“マイブーム”だという石原良純さん。市民ランナーのステイタス“サブ4”(4時間を切るタイムで走るランナー)を目指して日夜練習を重ね、満を持して「横浜マラソン」に参加した。記録は見事、3時間56分01秒! しかし後日、思わぬ顛末が待っていた。

僕はこの5年間、空前のマラソンブーム

 フルマラソンの42.195kmは、実に不思議な距離だ。

 40kmならば、1km当り6分ペースで走れば、ちょうど4時間で走れる。ところが端数の2.195kmがクセ者だ。少しずつペースアップしなければ四時間切りの“サブ4”は達成できない。

 “サブ4”は市民ランナーの一つの目標だ。“サブ4”を達成すれば、日曜日の公園でジョギングコースを周回するおじさんランナーの中で、一目置かれる存在となる。ゴルフのシングルプレーヤー、航空会社のマイレージクラブのプレミアム会員といったところだ。

ここ5年間、“マイブーム”になったマラソン。市民ランナーのステイタスである“サブ4”を目指し、日夜練習に励んできた。写真は2015年3月25日に開催された「横浜マラソン」の完走証明書と記念メダル。
[画像のクリックで拡大表示]

 多くのランナーが、2.195kmに必要な約12分を、レース中のどこで稼ぎ出すか苦慮しているに違いない。1kmを5分42秒で走るのか、5kmを28分ペースで走るのか。街を駆け抜けるマラソンランナーの川の流れの中で、僕の頭には、いつもそんな数字が浮かんでは消えていく。

 僕はこの5年間、空前のマラソンブーム。秋から冬にかけてのマラソンシーズン中に二回のマラソン大会に参加すると決めている。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について