日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

草野仁の「苔(コケ)ない男」

草野仁流 健康寿命を延ばす4つのポイント

最終回 人生、「割り切り力」で前進あるのみ!

 

クイズ番組や健康バラエティ番組の司会を中心に、第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70代を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術を紹介してきた本連載も、これが最終回。そこで、「草野仁流健康寿命を延ばす4つのポイント」をお届けする。草野さんには元気なうちにやり遂げたいことがあり、「それを実現するためにも少しでも長く健康でいたい」と日々の生活から気を付けている。

今年も「割り切り力」で頑張りましょう!

 新しい1年が始まりましたが、みなさん、いかがお過ごしですか。

 私は今度の2月で72歳の誕生日を迎えます。今のところまだまだ元気そのものですが、こんな歳ですから、いつ死がやってくるかもしれません。正月早々縁起でもないと言われるかもしれませんが、死はいつか必ず訪れるもの。普段から死を意識して人生には限りがあると考えるからこそ、生きることの大切さが理解でき、毎日を精一杯生きようという気持ちになれると私は思うのです。

 昨年も多くの方の訃報を耳にしましたが、俳優のAさんが60代で急死されたというニュースには衝撃を受けました。

9年前にAさんに下された診断

 私はとくに親しくお付き合いしたわけではありませんが、番組で共演したことがあります。10年ほど前だったでしょうか、私が司会をしていた『ザ・ワイド』という番組に芸能人に人間ドックを受けてもらうコーナーがあり、そこにAさんがゲストとして出演してくださいました。

 はたして、その結果はというと、血圧は最高が190台で最低が110台でしたから、かなりの高血圧でした。

 ところが、Aさんはまったく意に介さないという様子で、人なつこい笑顔で「こんなのよくあることだよ。どうってことないよ」とおっしゃったのです。

 私はそれを聞いて、正直なところ「これはちょっとまずいな」と感じたことを覚えています。

 番組で診察された時点でなんらかの治療をしていれば、もっと長生きされたのではないかと悔やまれてなりません。

 いずれにしても、高齢になればいつ死がやってくるかわかりません。そのときになって、あれをしておけばよかった、ああすればよかったと後悔しないためにも、やりたいことは元気なうちにやっておくことは必要です。

 私にも元気なうちにやっておきたいことがあります。それは…。

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について