日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

草野仁の「苔(コケ)ない男」

草野仁「仕事を家に持ち込もう」、その真意は?

第13回 スーパー司会者支える「ブラームス」「1人カラオケ」、そして…

 

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70代を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。今回のテーマは「ストレス解消法」だ。健康な体の維持には、精神の安定が欠かせない。ということで、いつも穏やかな草野さんに、感情コントロール法やストレス解消術について聞いたところ、「仕事を家に持ち込もう」という意外な答えが返ってきた。さて、その真意は?

若いころは「瞬間湯沸かし器」でした

 どうやら、私は落ち着いて穏やかな性格の人間に見られるようです。「草野さんは怒ることはあるんですか?」という質問を受けることもあります。

 いやいや、私だって人間ですから、ムッとしたり腹が立ったりすることはあります。ただ、年を経るにしたがって、そうした感情をコントロールできるようになったことは確かです。

 私の両親はしつけが厳しい人でしたが、私自身は4人兄弟の末っ子ということもあり、かなりわがままに育ってきました。もともと、すぐに感情が表に出る性格で、若いころは、ちょっとしたことですぐに怒りが爆発する「瞬間湯沸かし器」だったのです。

 とはいえ、職業人になったら、そうも言っていられません。とくに私のようなアナウンサーは、出演者や裏方さんたちをうまく立てて、切り盛りしていくのが大切な仕事です。

 もちろん、今でもたまにムッと感じることはありますが、それをストレートに顔に出すわけにはいきません。いったん心で受け止めてから、うまい反応をして乗り切らなくてはならないのです。

 私の場合、仕事柄そういう対処を必要とされるために、感情をコントロールする技が自然と身についたのだと思います。

気持ちが高ぶったときはブラームス

 もっとも、我慢するだけではストレスはたまる一方です。たまりにたまったストレスが原因で精神的、肉体的に具合を悪くしたり、ある日突然、感情が爆発したりという恐れもあります。

 そこで、私がどうやってストレスを解消しているのか、その方法をいくつかご紹介しましょう。

一番好きなのはブラームス。そのきっかけになったのは…。

 一つは、クラシック音楽を聴くこと。ゆったりとした交響曲を聴いていれば、1時間もかからずに心がほぐれます。高ぶった気持ちを鎮めて冷静さを取り戻すには、いい方法だと思います。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

マイドクターで相談!

24h、健康相談と医療機関の案内

メンタルヘルス相談(時間制限あり)

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について