日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

草野仁の「苔(コケ)ない男」

毎日1時間の運動で「健康寿命」を延ばす!

「最後まで元気でやってたよね」と言われたい

 草野 仁

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、今も第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70歳を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているだろうか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術に迫る。

丈夫な体は父親からのたまもの

 今年の2月、私は70歳の誕生日を迎えました。70歳といえば古希。中国の古典で「人生七十古来稀なり」といわれた年齢で、私が幼いころには「かなりのおじいさん」という印象でした。

「健康番組の司会で疾患の仕組みを知るにつれて、自分の体がこれまでどれほど恵まれていたのかがよくわかりました」(写真:岡﨑建志)

 でも、これこの通り。幸いなことに、たいした病気もせずに、今も元気いっぱいで仕事を続けています。現在、体重は77kg、体脂肪率は21~22%、基礎代謝は1750kcalで、かかりつけ医には肉体年齢は53歳だと言われました。

 私の体が頑丈なのは、親のおかげです。私は、男3人、女1人という4人きょうだいの末っ子ですが、父親の身体的な特徴を最も強く受け継いでいるのが私でした。

 数学者で長崎大学の教授を務めた父は、私よりも背が高く、筋肉質のがっちり型。旧制の福岡高校時代には、自己流で砲丸投げをマスターして、2年生で高校の全国大会2位、3年生では優勝してしまったという猛者です。東北帝大時代の数学科時代には、陸上五種競技と剣道の選手にもなりましたが、最終的に「二兎を追うものは一兎をも得ず」という自身の信念のもと、スポーツを断念して勉学に打ち込んだそうです。

 私は長崎県島原市で幼少時代を過ごし、小学校時代から駆けっこが早くて、野球や相撲も大好きなわんぱく少年でした。自分で言うのもなんですが、勉強は嫌いだけれども、運動能力は抜群でした。島原中学では野球部に入って新人戦では4番を任されたほどです。もっとも、来た球はストライクだろうがボールだろうが、すべて打ちにいったもので、11打数2安打という残念な成績を残してしまいました。

 中学2年生になると、走ることが好きなものだから、陸上競技部をつくって自ら部長となり、3年生のときには、長崎県大会の100m走で優勝、走り幅跳びで3位の成績を収めています。たいして練習はしなくてもこの成績だったのですから、父から受け継いだこの頑丈な肉体には感謝しています。

 島原高校でも陸上競技を続け、100m走で11秒2という記録を残しています。恐らく、そのまま競技を続けていたら、そこそこの選手になっていたことでしょう。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について