日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

草野仁の「苔(コケ)ない男」

中高年のための草野仁流ファッション考

第8回 赤、青、黄色…ビビッドな色の服でいつも気持ちを前向きに

 草野 仁

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、今も第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70代を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのだろうか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。ときにビビッドな色合いの衣装をまとい、またあるときはジェントルなスーツ姿でテレビ画面に登場する…。今回は、いつもオシャレな草野さんが考える「中高年のファッション」について。内面を若く保つためには、外見を若々しく保つことも大切だと言います。

「草野さんはオシャレですね」

 心の若々しさと身だしなみは、切っても切れない関係にあると思っています。

 私のような年齢になると、いくら気は若いつもりでいても、着ているものが年寄りくさくては、周囲の人からは“老人扱い”をされてしまいます。やがては、本人の気持ちも年寄りっぽくなってしまうに違いありません。「人は見た目ではない。問題は中身だ」とよくいわれますが、若さを保つという観点においては、この言葉は必ずしも当てはまらないのではないでしょうか。年を取ってこそ、オシャレに気を使うべきだと私は思うのです。

「心身の若々しさを高める心がけは大切ですが、普段から身にまとう服装には『年齢』が現れやすいと考えています。中高年だからこそ、少し冒険するぐらいの明るい色を選んでみてはいかがでしょうか」。あるパーティでスピーチを披露したときのひとコマ。
[画像のクリックで拡大表示]

 若い人ならば、安っぽい服でも、地味な服でもいいと思います。服装に気を遣わなくても、若さと元気が内側からにじみ出てくるからです。でも、中高年になると、そうはいきません。いくら元気な人であっても、地味でくすんだ色の服ばかり着ていたら、やはり枯れた印象を与えてしまうのではないでしょうか。

 内面を若く保つには、外見も若々しくあるべし─。

 これが私の意見です。

 もちろん、同じ中高年でも女性はオシャレな人が多いのですが、残念ながら男性は服装に無頓着なことが多いように見受けられますね。うれしいことに、「草野さんはオシャレですね」とよく言われます(もちろん、お世辞もあるかとは思いますが)。

 私は人前に出ることを生業にしているのですから、人に与える印象を左右する服装には当然気を配っています。


鍛えた太もものせいでズボンが合わない!

 私がオシャレを意識しはじめたのは、長崎で過ごしていた高校時代のときでした。きっかけは、1950年代当時に流行したロカビリー音楽とそのファッション。今の若い世代にはピンと来ないかもしれませんが、それはそれはすさまじい熱気ぶりでした。

 高校生だった私は、エルビス・プレスリーに憧れて、髪型をリーゼントにすることに挑戦しました。今の私しか知らない人には、想像もつかないかもしれませんね。

 その結果どうだったか。

期間限定 日経Gooday マイドクター 最大2カ月無料キャンペーン! 2017年4月1日~5月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について