日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 流行のダイエット、本当に効果はあるの?
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

流行のダイエット、本当に効果はあるの?

低炭水化物ダイエットには落とし穴も

 大西睦子

 食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
 第1回は、次々移り変わる「流行」のダイエットについて。

[画像のクリックで拡大表示]
一時的に流行った朝バナナダイエット(©Maksym Narodenko/123RF.com)

 「ファドダイエット=fad diet」という言葉、お聞きになったことはありますか?

 「fad=一時的な流行、気まぐれな熱狂」という意味から、メディアなどで一気に盛り上がり流行になっているような話題のダイエットのことを、米国ではこう呼びます。例えば、血液型ダイエット、キャベツスープダイエット、デトックスダイエット、グレープフルーツダイエット、卵ダイエット、マクロビオティック、パレオダイエット、朝バナナダイエット、低炭水化物ダイエット、低脂肪ダイエットなど、ファドダイエットに分類される“ダイエット”はたくさんあります。すでに流行が去った懐かしい名前のダイエットもありますよね。

 こうしたファドダイエットの基本は、「特定の食品を排除する制限食」で、「簡単ですぐに痩せる」と提唱していることです。

 確かに、ファドダイエットをやってみると、短期間は減量効果が見られます。ある食品を食べることを止める、あるいは特別な食べ物の組み合わせを食べることで、私たちが普段食べている食事より、カロリー摂取が減るからです。ところが、短期間で減るのは、脂肪ではなく水分や筋肉です。そして多くの人が、制限食は長く続けられず、もとの食生活に戻り、そして短期間で減った体重ももとに戻ります

 またファドダイエットは、食品の選択を制限するので、ほとんどの場合、栄養不足になります。そのため、失われた栄養素を補うために、毎日サプリメントをとることが推奨されます。サプリメントだけでは、私たちの体に必要なすべての栄養素は摂取できません。

ファドダイエットが有効なら、米国の肥満問題は解決している!

[画像のクリックで拡大表示]
米国人の7割近くが肥満(©bowie15/123RF.com)

 大手市場調査会社マーケットデータによると、肥満大国米国の総ダイエット市場は、2006年に554億ドル(5.7兆円)規模と推定され、2010年になると687億ドル(7.1兆円)規模にまで成長していました(関連情報)。市場に参入する多くのダイエット関連企業は、ファドダイエットを利用し、利益を得てきました。

 現在米国では、BMI(Body Mass Index:体格指数)が30以上の人口の割合は36%です。1970年の15%から、約2倍も増加ました。BMIが25以上の人口の割合は68%で、日本の基準にすると、米国人の7割近くが肥満という計算になります(関連情報)。

 ダイエット市場が成長しているのに肥満人口が増え続けているということは、ファドダイエットが肥満防止の解決にはまったくなっていないということでしょう。まぁ、肥満の人が増えればダイエット関連企業の利益はさらに増え続けるわけですが。

1/2 page

最後へ

次へ

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 長年の悩み「腰が痛い」を解決する

    男女とも非常に多くの人が悩むのが「腰痛」だ。ぎっくり腰のように、痛みは強いが原因が分かりやすいものは対策しやすいが、問題なのは原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう慢性腰痛。長年にわたって悩む人も少なくない。だが、この10年で腰痛治療は大きく変わった。

  • 痛風・尿酸値の「そこが知りたい」

    多くの男性が気にする「痛風」、そして「尿酸値」。「プリン体を抑えた発泡酒などを選べばいい」「魚卵、レバーはダメ」など、いろいろな“常識”が知られているが、これらの常識がすべて正しいわけではない。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」対策の新常識

    肝臓は生命維持に欠かせない臓器で、実にさまざまな機能を担っている。だが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、肝機能関連の数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘くみてはいけない。本テーマ別特集では、誰もが正しく知っておくべき「肝臓の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.