日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子 食・医療・健康のナゾ  > 熱中症は、お盆後こそ油断ならない!  > 3ページ
印刷

医学博士 大西睦子 食・医療・健康のナゾ

熱中症は、お盆後こそ油断ならない!

米国では、1999年から2009年までに7800人以上が猛暑で死亡!?

 大西睦子

対策は個別に考えなければならない

 熱中症の予防のためには、なるべく涼しい場所で過ごし水分補給に注意しなければなりません。CDCは、特に以下の方に、猛暑における個別のアドバイスをしています。

■参考文献
Centers for Disease Control and Prevention「Heat and Older Adults

65歳以上の高齢者、慢性疾患をもつ方:エアコン付きの建物で過ごす

 65歳以上の高齢者、慢性疾患を持つ方は体が温度の変化の感知、応答をしにくくなります。また内服薬が、猛暑の体への影響を悪化させることがあります。

[1]できるだけエアコン付きの建物の中にいましょう。
[2]扇風機に依存しないでください。
[3]喉の渇きを待たずに、水をいつもより多めに飲みましょう。
[4]オーブンの使用は止めましょう。家の温度が上がります。
[5]ゆったりした、軽量、薄い色の衣服を着用しましょう。
[6]体を冷却するために、冷たいシャワーやお風呂を利用しましょう。
[7]健康と安全を確認するために、地域のニュースをチェックしましょう。
[7]筋けいれん、頭痛、吐き気や嘔吐などの熱関連の病気の症状が、ご自身や知り合いに出たら、直ちに医療機関を受診してください。

乳幼児や小児:車に置き去りはNG! 服は薄い色のものを

 乳幼児や小児は体への猛暑の影響が強いため、涼しい場所で過ごし水分補給に注意しなければなりません。

[1]車の中に、乳幼児や小児を置き去りにしないでください。
[2]ゆったりした、軽量で、薄い色の服を着させてください。
[3]熱関連の病気の症状を認めたら、直ちに医療機関を受診してください。

屋外労働者:アルコールや糖分を多く含む液体の摂取を避ける!

[1]喉の渇きを待たずに、作業中に水を毎時2~4杯飲みましょう。
[2]アルコールや糖分を多く含む液体の摂取を避けましょう。
[3]日焼け止めを使用しましょう。
[4]真昼の熱を避けるために、午前と午後に仕事ができるか考慮しましょう。
[5]つば付きの帽子、ゆったりした、軽量、薄い色の衣服を着用しましょう。
[6]休憩中や仕事の後は、エアコン付きの建物の中で過ごしましょう。
[7]体を冷やしたりと水を飲んだりするために、休憩を取ることを同僚にも奨励しましょう。
[8]熱関連の病気の症状がご自身や知り合いに出たら、直ちに医療機関を受診してください。

アスリート:筋肉のけいれんは、熱関連の病気の早期に見られる徴候!

[1]衣類を着用し、日焼け止めを使用しましょう。
[2]トレーニングは真昼を避けましょう。
[3]ゆっくりとした活動から開始し、徐々にペースを高めましょう。
[4]喉の渇きを待たず、いつもより多めの水分補給をしてください。
[5]筋肉のけいれんは、熱関連の病気の早期に見られる徴候の可能性があります。
[6]チームメイトはお互いの状態をチェックしてください。
[7]ゆったりした、軽く薄い色の衣服を着用しましょう。
[8]熱関連の病気の症状がご自身や知り合いに出たら、直ちに医療機関を受診してください。

 熱中症への注意喚起は多く耳にしますが、改めて予防を確認しておいてくださいね。また、地球温暖化のさらなる進行を防ぐために、私たち個人ができる省エネに積極的に取り組みましょう!

大西睦子(おおにし むつこ)
医学博士
大西睦子(おおにし むつこ) 東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科にて、造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。2008年4月より、ハーバード大学にて、食事や遺伝子と病気に関する基礎研究に従事。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)。
日経トレンディネット2016年8月25日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

BACK NUMBERバックナンバー

バックナンバーをもっと見る

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

  • 突然死を招く「高血圧」 “少し高め”でも放置は危険!

    日本人の40代男性の約3人に1人、50代男性では約3人に2人が該当するといわれ、女性でも更年期以降に増加する「高血圧」。「少し高いだけだから」と思って対策を先延ばしにしていると、血管の老化が進み、脳卒中や心筋梗塞などの命にかかわる合併症を引き起こすほか、ヒートショックによる突然死などの原因にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間
明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.