日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

エナジードリンクを飲む前に、知っておくべき7カ条

カフェインや添加物の摂り過ぎに注意

 大西睦子

 食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
 疲れがたまっているとき、あとひと頑張りしたいとき、眠いとき……“エナジードリンク”をグイッと飲むことはありませんか? 今回はそんなエナジードリンクについて解説します。

レッドブルが訴えられた!?

スポーツ愛好家に人気のエナジードリンクは本当に効果があるのか?(©Pinnacle Animates/123RF.com)

 日本でも「翼をさずける」というキャンペーンで人気の「レッドブル」。宣伝から伝わるパフォーマンスや集中力、瞬発力の向上などの効果を期待し、値段は高めでも、利用するビジネスパーソンは多いのではないでしょうか?

 ところが、実際にはそのような効果はないなどの理由から、米国で集団訴訟が起こりました。

 結果、米国在住で、2002年1月1日から2014年10月3日の間にレッドブルの製品を購入した人は、現金10ドル、あるいは15ドル相当のレッドブル製品を受け取るということで和解しました。



 とはいえこうした集団訴訟が起きるくらいですから、米国でのエナジードリンクの影響は相当大きいものと見て間違いありません。特に、米国の10代の若者にとって、レッドブルなどのエナジードリンクは特別な飲み物ではありません。甘くて、カフェインの入ったエナジードリンクは、若者にとっては手軽に飲めるし魅力的なものです。

 最近ではエナジードリンクが若者に及ぼす影響に関して、メディアや医師、政治家、親たちの意識が高まっています。2013年には、エナジードリンクが若者におよぼす利点とリスクが、医学雑誌「Pediatrics in Review」に報告されました。



日経Gooday マイドクター 登録初月は無料!

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

明日は変えられる。 提供:アステラス製薬

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について