日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

お知らせ

コラム

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

医食同源? 遺伝子組み換えの“医薬品”と“食品”は何が違うのか

遺伝子組み換え作物の普及が農薬の使用を増やす悪循環の懸念も

 大西睦子

食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
今回は米国での議論が盛んな「遺伝子組み換え食品」について。

「遺伝子組み換え」ってどんな技術?

遺伝子組み換え技術により、既存の動植物に全く新しい性質を持たせることができる。(©Valentyn Volkov/123RF.com)

 私たちは、親とよく似た姿、形や性質を持って生まれますよね。それは、親から子へ生物としての情報が受け継がれること、つまり遺伝によるもので、この遺伝情報を担う主要な因子が遺伝子です。

 「遺伝子組み換え技術」は、この遺伝子を操作し、目的の遺伝子だけを切り取って動植物の細胞のDNAに組み込むもので、これにより既存の動植物に全く新しい性質を持たせることが可能となりました。

 特に重要なのはこの技術を応用することで「種の壁」を超えられるようになった点。例えば、「細菌の遺伝子を取り出して、大豆の細胞に挿入する」ということができるようになったわけです。

 この遺伝子組み換え技術が誕生したのは、1970年代のこと。1973年、コーエン博士とボイヤー博士は、大腸菌を使って初めて遺伝子組み換えに成功しました。その後、遺伝子組み換え技術は、食品、医療や農業など、さまざまな分野で応用されています。

医療における遺伝子組み換えの始まりはインスリン

 遺伝子組み換え技術を用いて、世界で初めて作られた医薬品は、糖尿病の治療で使われているインスリンです。インスリンは、私たちの体の中で唯一、血糖を下げるホルモンです。糖尿病にかかると、インスリンが足りなくなったり、正常に働かなくなります。そうなるとブドウ糖がうまく吸収できなくなるので血糖が上がり、全身に障害が起きます。だから糖尿病の患者はインスリンを補う必要が生じます。

 従来はインスリンを人工的に作ることが非常に難しく、ウシやブタのすい臓からインスリンを抽出していました。ただし、免疫反応の問題が発生したり、糖尿病の患者が増え続けたことで、ウシやブタから抽出したインスリンでは、供給が間に合わなくなる懸念が出ていました。

 そこに登場したのが、遺伝子組み換え技術です。米国のイーライリリー社が、ヒトインスリン遺伝子を切り出し、大腸菌や酵母に組み込んで、ヒト型のインスリンを大量生産することに成功し、1982年に「世界初のバイオ医薬品」として販売を開始しました。

 これ以降、遺伝子組み換え技術を用いて、さまざまな医薬品が製造されています。遺伝子組み換え技術を用いた医薬品が、私たちの健康に貢献していることに疑いはありません。

■参考文献
U.S. Food and Drug Administration「Celebrating a Milestone: FDA's Approval of First Genetically-Engineered Product
Joslin Diabetes Center「The History of Insulin


期間限定 日経Gooday マイドクター 登録月プラス1カ月無料キャンペーン 2017年9月1日~10月31日

SNSで最新記事をチェック

RSS

最新記事を週2回お届け!

日経IDがあれば簡単30秒で登録できます。

体の不調・病気が気になる場合は…

病気の予防・治療などの限定記事が読めます。医師などの専門家に相談できます。

アクセスランキング

PR

有料会員限定記事ランキング(現在)

病気/サプリなどを調べる

デイリーコンテンツ

“男”の健康維持

このサイトについて

日本経済新聞社について